ニュース

韓国チェジュ島を代表する大型バンド“South Carnival”がニュー・シングルをリリース

2021/08/30 12:36掲載
はてなブックマークに追加
韓国チェジュ島を代表する大型バンド“South Carnival”がニュー・シングルをリリース
 韓国・チェジュ(済州)島を代表する大型スカ・バンド“South Carnival”が、ブルース・シンガー“Kang Huh Darlim”(カン ホ ダリム)を迎え、約半年ぶりとなるニュー・シングル「Seoul Woman」を9月1日(水)に配信リリースします。

 South Carnivalは韓国のリゾート地として知られるチェジュ島で2009年に結成。スカの発祥地であるジャマイカ同様、気候の温かいチェジュ島ならではの、のんびりとリラックスした情緒あふれるサウンドをメインに、韓国型のスカを追求しています。また、韓国のリスナーが聞いても“異国的”だと感じるチェジュ方言を、楽曲タイトルや歌詞に使っているのも大きな特徴。また同島では“海洋警察庁広報大使”を務めるほどの知名度を誇っています。

 ニュー・シングル「Seoul Woman」は、デジタル・ペインター“Park Sang Q”(パク サン キュ)の個展での「ソウル女性」という作品のエピソードからインスピレーションを受けて作り上げた曲であり、“夏休みの時だけチェジュ島に訪れるソウルの女性と恋に落ちた”というPark Sang Qの経験談に基づいたユーモラスな歌詞でSouth Carnivalらしさをアピール。そこに韓国最高のブルース・シンガー・ソングライター“Kang Huh Darlim”のダイナミックなヴォーカルが加わり、軽快なリズムのファンク・トラックに仕上がっています。

拡大表示


■2021年9月1日(水)配信開始
South Carnival
「Seoul Woman feat. Kang Huh Darlim」

lnk.to/SC_SW
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 大河ドラマ『青天を衝け』オリジナル・サウンドトラック、音楽を担当した佐藤直紀が、厳選されたアナログLP収録曲の背景を語る[インタビュー] さらに成長をとげた2nd EPをリリース、鞘師里保
[インタビュー] 和田彩花、全作詞とアートワークを手掛けたアルバム完成[特集] 『マッカートニー 3,2,1』ポール・マッカートニーがこれまでの音楽活動をリック・ルービンと語るドキュメンタリー
[インタビュー] デビュー20周年のジャズ・ヴォーカリスト、待望の新曲をリリース Shiho[インタビュー] BeatleDNA、ビートルズへの思いがあふれる人気シリーズが完結 制作担当者が語る実現までの笑いと涙
[インタビュー] 西から上がるロックンロール新時代の狼煙、THE PERRY[インタビュー] 山中千尋、レコード・デビュー20周年を記念して、新録を含むバラード・ベスト・アルバムを発表
[インタビュー] 佐藤浩市、キャリア初のヴォーカル・アルバムは豪華ゲストを迎えた無観客ライヴ[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る
[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た!
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015