ニュース

葉菜子(元BiSムロパナコ)、配信シングルをリリース 初のCD作品の発売決定&イベント開催も

2021/11/24 18:00掲載
はてなブックマークに追加
葉菜子(元BiSムロパナコ)、配信シングルをリリース 初のCD作品の発売決定&イベント開催も
 葉菜子(元BiSムロパナコ)が、配信シングル「(好きなことで食って生きたいのに才能とか親とかで葛藤して結局可もなく不可もない人生を選ぼうとしてる)きみに届け」を11月24日(水)にリリース。あわせて、12月22日(水)に初のCD作品「急がば回れ、出来れば咲き誇れ」のリリースを発表。

 かつて、BiSのメンバー“ムロパナコ”として活躍し、2020年は音楽ユニット“Her knuckle”としても活動していた、アーティスト“葉菜子”。2021年9月に楽曲「嫌になってきた」を突如として配信リリースし葉菜子としての本格的は活動を開始。リリースされた「(好きなことで食って生きたいのに才能とか親とかで葛藤して結局可もなく不可もない人生を選ぼうとしてる)きみに届け」は、葉菜子の人生観をアッパーなシンセロックサウンドでお届けする楽曲となっています。

 また、初のCD作品「急がば回れ、出来れば咲き誇れ」をタワーレコード限定でリリース。全3曲を収録した、人間の苦悩や本能を解放するかのような作品となります。CDリリースに合わせてONLINE LIVE『急がば回れなくても出来れば咲き誇りたい』とタワーレコード渋谷でのインストアイベント開催も発表され、葉菜子のソロ活動が本格始動します。

[コメント]
こんにちはー!!!!葉菜子です
この度はこのコメントに目を通してくれてありがとうー!!!
今あたしは車で雪山にいます、すごく寒いです。コメント長々と書きたい気持ちは山々なのですが、すごく寒いので早く下山したいと思います、みんな沢山聴いてねー!よろしくお願いします!!!!

――葉菜子

拡大表示


拡大表示


拡大表示


■2021年11月24日(水)配信開始
葉菜子
「(好きなことで食って生きたいのに才能とか親とかで葛藤して結局可もなく不可もない人生を選ぼうとしてる)きみに届け」

ultravybe.lnk.to/hanakokiminitodoke

■2021年12月22日(水)発売
葉菜子
「急がば回れ、出来れば咲き誇れ」


[収録曲]
01. 嫌になってきた
02. ファッキンクソノスタルジーと言いたい
03.( 好きなことで食って生きたいのに才能とか親とかで葛藤して結局可もなく不可もない人生を選ぼうとしてる)きみに届け

葉菜子 ONLINE LIVE『急がば回れなくても出来れば咲き誇りたい』
2021年12月22日(水) 01:00〜02:00
販売期間:11月24日(水) 00:00より販売開始
アーカイブ視聴期間: 12月22日(水) 02:00〜12月31日(金)23:59

FC会員(ジャム叔父さん)限定視聴チケット
fanicon.net/web/tours/3582/524/1602
FC会員(ジャムを持参)限定視聴チケット
fanicon.net/web/tours/3582/524/1603
一般視聴チケット
fanicon.net/web/tours/3582/524/1604

「葉菜子」リリースイベント@タワー渋谷店
2021年12月21日(火)
東京 渋谷店9Fイベントスペース
※詳細はタワーレコード渋谷店のHPをご確認ください。
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015