ニュース

ネオ・フォルクローレのピアニスト、作曲家、シンガー“セバスティアン・マッキ”がソロ新作を発表

2022/07/01 19:13掲載
はてなブックマークに追加
ネオ・フォルクローレのピアニスト、作曲家、シンガー“セバスティアン・マッキ”がソロ新作を発表
 2005年に発表されたアルゼンチン・ネオ・フォルクローレ屈指の名盤『ルス・デ・アグア』の中心的制作者として注目を浴び、2016年にはピアノ・ソロの名作『ピアノ・ソリート〜たったひとりのピアノ』を、2019年にはカルロス・アギーレ、ゴンサロ・ディアスとのピアノ・トリオ作『アグアシラバス』を発表するなど、寡作ながらも記憶に残る作品を発表してきたセバスティアン・マッキ(SEBASTIAN MACCHI)が、ソロ名義での新作アルバム『メロディア・バルディア』を7月8日(金)に発表します。

 これまではアルバムごとに固定されたメンバーで制作してきたマッキですが、本作ではフェルナンド・シルバ(cb)とゴンサロ・ディアス(ds,perc)との盤石のトリオによるアンサンブルを基本にしつつ、多様なゲストを曲ごとに起用。参加ミュージシャンは、ヴィトール・ゴンサルヴェス(米国名門レーベルSUNNYSIDEからリーダー・アルバムをリリースしたブラジル人ピアニスト)、マウロ・レジェス(カルロス・アギーレ・キンテートのメンバー)、ニコラス・イバルブル(ウルグアイの音楽シーンを代表するSSW)、アニータ・アルチェッティ(acd,vo)、ウーゴ・マルドナード(vo,g)、レアンドロ・ドラゴ(syn,SE)など。セバスティアンならではの穏やかな歌声とメロディ、ナチュラルでリリカルなピアノはそのままに、多彩なゲストを迎えたことで、曲想やハーモニー / アレンジ面で大きな飛躍を遂げています。

 また、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、フルート、クラリネット、トランペット、ホルンによる室内楽アンサンブルを2曲で導入するなど、意欲的な試みも。アルゼンチンだけでなくブラジルやウルグアイのアーティストによる音楽性を活かしながら、新境地も切り開いた本作は、音楽的盟友にして師と仰ぐカルロス・アギーレの名盤『オリジャニア』を彷彿とさせます。





■2022年7月8日(金)発売
セバスティアン・マッキ
『メロディア・バルディア』

CD RCIP-0334 3,080円(税込)
inpartmaint.com/site/35299
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] だれかの「こころのやらかい場所」に。一瞬しかないの最強のデビュー・アルバム[特集] 東京音楽大学附属オーケストラ・アカデミー、オーケストラ奏者養成機関に見た大海原に漕ぎ出す若き才能の萌芽
[インタビュー] 宮本笑里、デビュー15周年を記念してクラシックの小品を弾いた『classique deux』[インタビュー] 初の全国流通盤をリリース 話題の一寸先闇バンド登場
[インタビュー] 室田瑞希、ひとりの表現者としての在り方を示す ニュー・シングル[特集] 鞘師里保、初のファンミーティング開催! 
[インタビュー] 元キマグレン・ISEKIが惚れ込んだ絶景の白馬岩岳で行なわれる山頂音楽フェスの魅力とは?[インタビュー] みやけん、人気ピアノYouTuber 早くも2ndアルバムを発表
[インタビュー] 蔦谷好位置が語る映画『SING/シング:ネクストステージ』日本語吹替えキャストの歌[インタビュー] 岸 裕真、注目のAIアーティスト初の作品集を発表
[インタビュー] 矢川 葵、「昭和歌謡を歌い継ぐ」ソロとして再始動[インタビュー] 踊るヴァイオリニスト×気鋭の歌い手「RiO楽曲制作プロジェクト」
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015