ニュース

豪インディー・ロック・バンド“ラスト・ダイナソーズ”、新曲「オート・サボタージュ」リリース

2022/08/05 12:57掲載
はてなブックマークに追加
豪インディー・ロック・バンド“ラスト・ダイナソーズ”、新曲「オート・サボタージュ」リリース
 オーストラリアのインディー・ロック・バンド、ラスト・ダイナソーズ(Last Dinosaurs)が、エネルギッシュなグルーヴの新曲「オート・サボタージュ」(Auto-Sabotage)を8月5日(金)にリリース。

 本作は、オーストラリア人と日本人のハーフであるメンバーのラクラン・キャスキー(Lachlan Caskey)が、コロナ禍で自身を成長させようとする中で、誰もが陥る自己破壊的なスパイラルに陥る悪い癖と向き合い完成した楽曲で、華やかなギターと弾むようなベースラインに日本のレトロ・ポップさも感じられる、エネルギッシュなロック・ナンバーです。

 また、今秋にはOKAMOTO’Sとの対バンによるジャパン・ツアー〈OKAMOTO'S tour w/ 2022 〜ウェルカム マイ フレンズ〜〉も決定。2021年にOKAMOTO'Sのヴォーカル・オカモトショウがリリースしたソロ・アルバム『CULTICA』収録曲「Slider feat. Last Dinosaurs」にラクラン・キャスキーが参加したことで交流が始まったラスト・ダイナソーズとOKAMOTO'S。楽曲の制作はリモートで行われましたが、このフィーチャリングをきっかけに、ラスト・ダイナソーズのアメリカ・ツアーにOKAMOTO'Sを招集、今度はラスト・ダイナソーズがOKAMOTO'Sのツアーのゲストに決定しています。ラスト・ダイナソーズもSNSで「Playing shows in Japan with our best bros - 最高の仲間と日本でライブ!」とコメントしています。

 さらに、メキシコとオーストラリアのスタジオに入り作曲とレコーディングを行い制作された4thアルバム『From Mexico with Love』を11月4日(金)にリリースするラスト・ダイナソーズは、2022年から2023年にかけて世界各地でツアーとフェスでの公演を行う予定との事です。

 ラクラン・キャスキーは新曲「オート・サボタージュ」について、「この曲を書いたのは、メキシコでパンデミックに見舞われた時。自分の中の悪魔と向き合って自分を鍛えるには余りにも時間があったんだ。でも、それはまるで人生の中で起きる困難や不安を招く物事には、それに対処するためにある種の自己破壊的なことが必要であるかのようなんだ。単に自分自身や自分の目標を破壊することをよしとするような曲を作りたいんじゃなくて、むしろそれを問題として指摘して、それはずるくて閉じこもった心の状態だと暴きたかったんだ」とコメントしています。

拡大表示


■2022年8月5日(金)配信開始
ラスト・ダイナソーズ
「オート・サボタージュ」

asteri.lnk.to/autosabotage

OKAMOTO'S tour w/ 2022 〜ウェルカム マイ フレンズ〜
2022年9月27日(火)神奈川 KT Zepp Yokohama
Guest: DISH//

2022年9月29日(木)愛知 Zepp Nagoya
Guest: iri

2022年9月30日(金)大阪 Zepp Namba
Guest: 羊文学

2022年10月2 日(日)東京 豊洲PIT
Guest: ALI、AgeFactory

※ラスト・ダイナソーズは全公演に出演いたします。

OKAMOTO’S公式アプリ「オカモトークQ」会員先行
2022年8月7日(日)23:59〜
c-rayon.com/lp/okamotos/app

オフィシャル先行
2022年8月10日(水)12:00〜
eplus.jp/okamotos22-official
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] だれかの「こころのやらかい場所」に。一瞬しかないの最強のデビュー・アルバム[特集] 東京音楽大学附属オーケストラ・アカデミー、オーケストラ奏者養成機関に見た大海原に漕ぎ出す若き才能の萌芽
[インタビュー] 宮本笑里、デビュー15周年を記念してクラシックの小品を弾いた『classique deux』[インタビュー] 初の全国流通盤をリリース 話題の一寸先闇バンド登場
[インタビュー] 室田瑞希、ひとりの表現者としての在り方を示す ニュー・シングル[特集] 鞘師里保、初のファンミーティング開催! 
[インタビュー] 元キマグレン・ISEKIが惚れ込んだ絶景の白馬岩岳で行なわれる山頂音楽フェスの魅力とは?[インタビュー] みやけん、人気ピアノYouTuber 早くも2ndアルバムを発表
[インタビュー] 蔦谷好位置が語る映画『SING/シング:ネクストステージ』日本語吹替えキャストの歌[インタビュー] 岸 裕真、注目のAIアーティスト初の作品集を発表
[インタビュー] 矢川 葵、「昭和歌謡を歌い継ぐ」ソロとして再始動[インタビュー] 踊るヴァイオリニスト×気鋭の歌い手「RiO楽曲制作プロジェクト」
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015