ニュース

Butterflyではなく、8utterfly。WISEイチオシの新人アーティストがCD発売前にブレイク!?

8utterfly   2011/03/04 16:29掲載
はてなブックマークに追加
Butterflyではなく、8utterfly。WISEイチオシの新人アーティストがCD発売前にブレイク!?
 新人女性アーティスト8utterflyが、アルバム・デビュー前より話題になっています。今年に入って配信された曲が、2作連続でレコチョククラブうたデイリーランキング1位を記録。セツナ系卒業ソング「タビダチ links ウエイスト –オンナ編-」(同ランキング1位 1月14日、 16日付)、WISEをフィーチャリングした、「友達だから、今はまだ feat. WISE」(同ランキング1位 2月14日付)。この2曲の配信から、せつない歌声と、日記のようにつづられた歌詞が、若い女性の共感を呼び配信で早くもブレイク。

 新人では異例の2作連続での1位獲得という快挙を成し遂げた8utterfly、待望のデビュー・アルバム『Diary』がいよいよ3月2日に発売されました。この8utterfly、もともとはKoyumiという名でクラブ・シーンにて活動をしていましたが、メジャー・デビューを機に、8utterfly(バタフライ)と名乗ることを表明。よく見ると表記が、「Butterfly」ではなく「8utterfly」となっていることに注目!(頭文字のBが数字の8になっている)
 8utterfly本人は自身のアーティスト名について次のようにコメントをしています。

 「もともと蝶のモチーフが好きで、バタフライというアーティスト名にしたいと思っていました。デビューにあたって、無限大の可能性を追い求めたいという気持ちから、∞(インフィニテー)のマークと形が似ている数字の8を、Bに置き換えてみたんです。サナギから蝶となって羽ばたきたい、こうした想いが私のアーティスト名の由来になっています」
 配信シングル「友達だから、今はまだ feat. WISE」で共演を果たし、西野カナとコラボした新曲「By your side feat. 西野カナ」のリリースを発表したばかりのWISEも8utterflyの存在にいち早く注目していました。数々の女性アーティストと共演を果たしヒット作を生み出したWISEもオススメする8utterfly。その透明感のある切ない歌声が魅力的。1stアルバム『Diary』、要チェックです。

[WISEコメント]
「8utterflyちゃんの芯があって艶のある声、本当に素晴らしい! そのマルチな才能もあわせ、まさにオンリーワンな存在だと思います!記念すべきファーストに呼んでもらえて、一緒に曲に参加できた事が純粋に嬉しい!」




【8utterflyプロフィール】 
〜サナギから蝶へ〜 強く、切なく、心に秘めた想いを歌にする。
博多出身。ミュージシャンであった父の影響で、幼い頃から音楽全般に親しむ。Koyumiというアーティスト名にてクラブ・シーンにて活動。「STARZ AUDITION 2008」の激戦を制し、優秀賞を獲得。2009年に発表した配信シングルがiTunes R&Bチャート6位ランクイン。無名ながら快挙といえるチャートアクションを起こし、「ため息がでるほどの、恋わずらいソング」として話題となる。2011年、CD発売前に配信した曲が、2作連続でレコチョククラブうたデイリーランキング1位を記録、配信ブレイクを果たす。

 セツナ系卒うた「タビダチ links 8utterfly -オンナ編-」 、WISEをフィーチャリングした “トモダチ以上恋人未満”の恋ワズライウタ、「友達だから、今はまだ feat. WISE」を含む、極上トラック満載のアルバム「Diary」で、2011年3月2日、待望のアルバム・デビュー!

【8utterfly リリース情報】

発売中
1stアルバム『Diary』
(TKCA-73629 税込2,800円)

●配信シングル
「タビダチ links ウエイスト -オンナ編-」
「友達だから、今はまだ feat. WISE」
着うた®・着うたフル® レコチョクにて好評配信中
http://recochoku.com/gr/8utterfly/(携帯からのみ)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』
[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015