ニュース

ACO、3年ぶりの新作!砂原良徳も参加

ACO   2006/01/06掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 近年、エイドリアン・シャーウッドムーム(Mum)といった異才との、真に刺激的なコラボレーション作で独自の視点によるエレクトロニカへと接近した姿をみせていた、ACO。次なる一手が待たれていたなか、いよいよファン待望のニュー・アルバム『mask』(KSCL-946 \2,548(税込))がリリースされることになりました!

 前作『irony』(写真)以来、約3年ぶりとなる新作でも、ここ何作かのエレクトロニカの世界観を昇華しつつも、かつてのようなポップさが再び目覚めたような仕上がりをみせているとのこと。アルバムには、深田恭子主演「薬用メナード」のCM曲「guilty」や、お馴染みの砂原良徳をサウンド・プロデューサーに迎えた「忠告」など全7曲が収録される予定。リリースは2月22日に予定とのこと。作品を発表するごとに表現領域を広げ、よりディープな世界の奥へと進んでいく彼女に再びご注目を! 注目!!
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 2週連続企画 ジョン・レノン『ジョンの魂』 ビートルズ解散後に発表された初のソロ・アルバムを徹底解説[インタビュー] 原点回帰のカラフル・ポップ・アルバム 青木慶則
[インタビュー] 女の情念を描いた艶唄。真木柚布子[インタビュー] コモリタミノルを迎えた新境地 丘みどり
[インタビュー] Yellow Studs、現在の社会に抗う意思とバンドマンのリアルな生き様[インタビュー] 児玉 桃、ECMからの3作目は、小澤征爾指揮水戸室内管との細川俊夫とモーツァルト
[インタビュー] ジョン・グラム、みずから手がけた大河ドラマ『麒麟がくる』の音楽を語る[インタビュー] ナミヒラアユコ、ライヴ感&グルーヴィなサウンドとジャンルを横断するパワフルな歌声
[インタビュー] 梅井美咲、16歳でブルーノート東京に出演したジャズ・ピアニストが鮮烈デビュー[インタビュー] ジェイコブ・コーラーが語る、よみぃとの共演作と全面バックアップしたMAiSAのデビュー盤
[インタビュー] noonが聴く軽量・高音質イヤフォンNUARL“N6 mini”[インタビュー] kiki vivi lily、スウィート&グルーヴィな新世代シンガー・ソングライター
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015