ニュース

Aぇ! Group、大阪・道頓堀でサプライズ・イベント開催 船上からデビュー曲「《A》BEGINNING」熱唱

Aぇ!group   2024/05/15 13:53掲載
はてなブックマークに追加
Aぇ! Group、大阪・道頓堀でサプライズ・イベント開催 船上からデビュー曲「《A》BEGINNING」熱唱
 Aぇ! Groupが、関西ジュニア最後の日である5月14日に、大阪・道頓堀道頓堀川の船上からデビュー・シングル「《A》BEGINNING」を披露する、サプライズ・デビュー・イベントを開催しました。

 イベント終了後に行われた会見では、「道頓堀を聖地にしたい思いはあるけど、まだ今の僕らは道頓堀にふさわしくない。いずれは『ここでAぇ! groupがサプライズイベントをやったんやって』と言われる場所に、聖地にしたいです」とリーダーらしく、小島が熱い言葉を語りました。

[イベント・レポート]
 Aぇ! group公式Xからイベント1時間前に、告知されたにもかかわらず、午後1時からのサプライズ・デビューイベントに駆けつけた人の数は、なんと7,000人。グリコの看板下の戎橋を挟んで、道頓堀川の両サイドに続く「とんぼりリバーウォーク」には、「Aぇ! group」と書いたいくつもの提灯が並び、メンバーの名前が書かれたメンバーカラーの幟が掲げられています。メンバーを待つ間、「《A》BEGINNING」がヘビー・ローテーションで流れ、ファンの気持ちをワクワクさせていました。

 午後1時、ゆっくりと3隻の船が川に現れるとステージを設置した中央の船から「こんにちは〜!」と大きく手を振りながらAぇ! groupが登場。5人が現れると、今か今かと待っていたファンから歓声が沸き起こります。

 「皆さん、暑い中、ありがとうございます」と正門良規が労いの言葉をかけるほど、この日の道頓堀は夏のような暑さ。にもかかわらず、集まってくれた人々を見渡し「すごい人やな」(正門)、「こんなに集まってくれたんや」(佐野晶哉)、「こんなに暑いのにね」(末澤誠也)、「マジでみんな、ありがとう」(小島健)、「ありがとうございまぁーす!!」(草間リチャード敬太)と感謝を口にしながら、全方向に体を向けて、5人は集まってくれたファンに手を振ります。「Aぇ! groupらしいイベントをするならどこかなってなったときに、大阪松竹座もあるし、道頓堀は僕らの聖地にしていきたいなということで、ここにさせてもらいました」と正門が言うように、Aぇ! groupにとって道頓堀は特別な場所。リーダー・小島健が、2023年11月に「Aぇ!!!!!!ゐこ」(MBS)の企画で、絶滅危惧種のニホンウナギを捕獲するという、偉業を成し遂げた場所でもあります。

 ひとしきり挨拶した後は「《A》BEGINNING」の聴きどころやミュージック・ビデオの見どころを上げていくメンバー。「“恐れを撃ち抜け”の俺」と佐野、「俺は肩、組むところかな」と草間が言うと、小島はイントロで腕を回す振りを「心が荒ぶれる」と独特の表現でオススメします。末澤は「俺は上ハモ全般とフェイクかな」とアピールし、正門は「Bメロの俺のところ、裏で手拍子が鳴ってるから皆さんにもやってほしい」と話した上で、「今から歌いまんがな!(笑)」と言って集まったファンを喜ばせました。

 船上ステージで、「A」の形にスタンバイ。「《A》BEGINNING」を歌い始めると、それまで以上に太陽の日差しが強くなり、不思議なほどメンバーを照らし出します。MVで見る強い表情とは違い、笑顔を交わしながら楽しげに歌い、“明日を砕いた フルテン・ラウンダー”と5人で肩を組む姿も微笑ましいです。草間の華麗なキック、「oh Yeah〜!」とハイトーンな末澤のフェイクが響き、イベントならではのパフォーマンスで盛り上げました。そんな中、サビで踊るのを忘れていた正門は、ひとりだけサビ中にニコニコ手を振ってファンサするという、最新の天然エピソードを残して帰っていきました。


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示




Aぇ! Group「《A》BEGINNING」特設サイト
universal-music.co.jp/aegroup/a_beginning
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] YOYOKA    世界が注目する14歳のドラマーが語る、アメリカでの音楽活動と「Layfic Tone®」のヘッドフォン[インタビュー] 松尾清憲 ソロ・デビュー40周年 めくるめくポップ・ワールド全開の新作
[インタビュー] AATA  過去と現在の自分を全肯定してあげたい 10年間の集大成となる自信の一枚が完成[インタビュー] ソウル&ファンク・ユニットMen Spyder 初のEPを発表
[インタビュー] KMC 全曲O.N.Oによるビート THA BLUE HERBプロデュースの新作[インタビュー] 魚返明未 日本の新世代ジャズを牽引するピアニストが、新たなトリオでアルバムを発表
[インタビュー] みやけん 人気ピアノYouTuber 『俺のヒットパレード!』第4弾リリース![インタビュー] Billyrrom 注目の新世代バンドに聞く新章突入と〈HEADZ 〜NEW HOT WAVE〜〉出演への思い
[インタビュー] 町あかりの歌謡曲・春夏秋冬 春のテーマは「ディスコ」![インタビュー] Arvin homa aya  実力派シンガーの話題曲 アナログで連続リリース
[インタビュー] ジェイコブ・コーラー × kiki ピアノ 凄腕師弟コンビ[インタビュー] 文坂なの \
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015