ニュース

アフロ・ケルト・サウンド・システム、改名第2弾作リリース

アフロ・ケルツ(アフロ・ケルト・サウンド・システム)(Afro Celt Sound System)   2005/08/29掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 アフリカン・パーカッションに、ケルト・ミュージックのダンス性を融合し、そこに最新のエレクトロニック・サウンドもプラスした、他に類を見ない特異なサウンドを追求し続ける、アフロ・ケルツ(アフロ・ケルト・サウンド・システム)。その彼らがいよいよニュー・アルバム『Volume 5: Anatomic』をリリースします!

 新作としては、ピーター・ガブリエルが主宰するレーベル、リアル・ワールドを代表するアーティストとして活躍してきた彼らが、“アフロ・ケルト・サウンド・システム”から“アフロ・ケルツ”へと改名して放った2003年作『シード』(写真)以来、約2年ぶり。これまでもアルバムごとにさまざまなゲスト・ミュージシャンをフィーチャーしてきた彼ららしく、新作でもアフリカ・ルワンダ出身のDorothee Munyanezaや、ウズベキスタン出身のSevara Nazarkhanをフィーチャーしているそうで、新たな音楽の領域へと踏み込んだ作品へとなっている模様です。リリースはUSにて10月4日を予定していますので、オリジナリティ溢れたサウンド・マジックをぜひともご体験ください!

『Volume 5: Anatomic』
01. When I Still Needed You (Featuring Dorothee Munyaneza from Rwanda)
02. Secret Bliss (Featuring Sevara Nazarkhan from Uzbekistan)
03. Mojave
04. Sene´(Working the Land)
05. Beautiful Rain
06. Anatomic
07. Mother
08. Dhol Dogs
09. Drake
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 君はひとりじゃないよ Karavi Roushi『清澄黒河』[インタビュー] 山口美央子×松武秀樹 〜1983年作の『月姫』以来となる新作『トキサカシマ』をハイレゾ音源で聴く
[インタビュー] 自然に感じたまま表現すればいい――荘村清志、デビュー50周年の集大成『シャコンヌ』[インタビュー] 活動11年目のTSUKEMENが“いい大人”へのスタートとなる新作『時を超える絆』をリリース
[インタビュー] 世にも美しい“切れ目の戯言”――ATOSONE(RC SLUM / Boutique Strange Motel)[インタビュー] ローカルな個性とグローバルな普遍性 FOUR HORSEMEN『FOUR HEAVENLY KINGS』
[インタビュー] リストのあらゆる側面を伝えたい――金子三勇士『リスト・リサイタル』[インタビュー] 追い求めていくことと打ち砕かれてしまうこと ドキュメンタリー映画「STANDARD」
[インタビュー] 音で聴く回想録 KERA『LANDSCAPE』[インタビュー] CUBERS 注目の5人組ボーイズ・グループ つんく♂作「メジャーボーイ」でメジャー・デビュー!
[インタビュー] Ryo Kobayakawa、NEI、COVAN――名古屋市南区発ヒップホップ・クルー“D.R.C.”を紹介する[インタビュー] 強さと美しさを追い求めて――ベッド・インが初のカヴァー・アルバム『Endless Bubble』を発表
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015