ニュース

アフロ・ケルト・サウンド・システム、改名第2弾作リリース

アフロ・ケルツ(アフロ・ケルト・サウンド・システム)(Afro Celt Sound System)   2005/08/29掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 アフリカン・パーカッションに、ケルト・ミュージックのダンス性を融合し、そこに最新のエレクトロニック・サウンドもプラスした、他に類を見ない特異なサウンドを追求し続ける、アフロ・ケルツ(アフロ・ケルト・サウンド・システム)。その彼らがいよいよニュー・アルバム『Volume 5: Anatomic』をリリースします!

 新作としては、ピーター・ガブリエルが主宰するレーベル、リアル・ワールドを代表するアーティストとして活躍してきた彼らが、“アフロ・ケルト・サウンド・システム”から“アフロ・ケルツ”へと改名して放った2003年作『シード』(写真)以来、約2年ぶり。これまでもアルバムごとにさまざまなゲスト・ミュージシャンをフィーチャーしてきた彼ららしく、新作でもアフリカ・ルワンダ出身のDorothee Munyanezaや、ウズベキスタン出身のSevara Nazarkhanをフィーチャーしているそうで、新たな音楽の領域へと踏み込んだ作品へとなっている模様です。リリースはUSにて10月4日を予定していますので、オリジナリティ溢れたサウンド・マジックをぜひともご体験ください!

『Volume 5: Anatomic』
01. When I Still Needed You (Featuring Dorothee Munyaneza from Rwanda)
02. Secret Bliss (Featuring Sevara Nazarkhan from Uzbekistan)
03. Mojave
04. Sene´(Working the Land)
05. Beautiful Rain
06. Anatomic
07. Mother
08. Dhol Dogs
09. Drake
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] また一歩“最終形態”へと近づいた――KOYAN MUSIC『No Border』[インタビュー] 元キャロル内海利勝 10年ぶりのソロ・フル・アルバム完成!
[インタビュー] NHK大河ドラマ『西郷どん』の劇中歌で話題 奄美生まれのシンガー、城 南海が全国ツアーを開催[インタビュー] 挾間美帆がm_unitと描く三部作完結編『ダンサー・イン・ノーホエア』
[インタビュー] 自分には音楽がある KID FRESINO『ài qíng』全曲解説[インタビュー] 人間として、自分に何が出来るか 5lack『KESHIKI』
[インタビュー] 結成20周年を迎えたサックス・アンサンブルの先駆者 ――サキソフォビア『ノクターン』[インタビュー] 主人公の輪郭を求めているのかもしれない 中村雅俊、通算55枚目のシングル「だろう!!」
[インタビュー] 現代に鳴るべき音楽 清 竜人「目が醒めるまで(Duet with 吉澤嘉代子)」[インタビュー] MAKE SOME HAPPEN なにか起こしたい――A-THUGの“夢”
[インタビュー] 後悔は一切ない 〈おはよう武道館〉を控える般若が初のベスト・アルバム『THE BEST ALBUM』をリリース[インタビュー] 宇宙船ジャガー号に潜入取材!――ベスト・アルバム『ジャガーさんがベスト!』に迫る
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015