ニュース

安斉かれん、仮面ライダー出身の俳優・甲斐翔真出演の「キミとボクの歌」MV“恋人へ編”公開

安斉かれん   2021/03/02 13:41掲載
はてなブックマークに追加
安斉かれん、仮面ライダー出身の俳優・甲斐翔真出演の「キミとボクの歌」MV“恋人へ編”公開
 安斉かれん初のバラード曲「キミとボクの歌」のMV三部作、その第2弾となる“恋人へ編”に、仮面ライダー出身の俳優・甲斐翔真が出演。「いろんなシリーズが見れて楽しみがいっぱい!」「最高!」など、早くもSNS上で絶賛の声が続出しています。

 今回のMVは、「友達編」「恋人編」「家族編」の三部作構成となっており、それぞれに“キミ視点”と“ボク視点”の異なる視点から描いた2本の映像(合計6本)が順次発表されています。

 今作は、既に公開されている恋人編の“キミ視点”に次ぐ“ボク視点”からの作品となっており、昔の恋人と過ごしたかけがえのない日々、誰もが1度は経験するような淡い記憶が描かれています。

 誰しもが心当たる普通の“(聴く人によって家族・友達・恋人と誰にでも捉えられる)キミ”と“ボク”というたった2人を登場人物にして描かれた「キミとボクの歌」。安斉は、その歌詞の中であえて「キミとボクの明日なんて、世界中の人には、ちっぽけで下らない事だよ」と、書いています。

 未曾有のパンデミックが世界を覆う今、誰しもが目の前の日常(大きな不安と一筋の期待)から目を逸らさずに明日へと向かっていくしかありません。そんな時代、彼女が本当に伝えたかったことは「ちっぽけだからこそ、大切なんだ」というメッセージ。

 いつもの場所で会えない友達、遠く離れていても毎日電話をくれる恋人、帰省も叶わない故郷に暮らす家族。あなたはこの歌を聴いて、“どんな場所にいる誰”を思い浮かべるでしょうか。

 なお、第3弾「キミとボクの歌」(ボクからキミ=家族編)は、3月4日(木)20:00に公開されます。





◼️安斉かれんOfficial Web Site
kalenanzai.com
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 2週連続企画 ジョン・レノン『ジョンの魂』 ビートルズ解散後に発表された初のソロ・アルバムを徹底解説[インタビュー] 原点回帰のカラフル・ポップ・アルバム 青木慶則
[インタビュー] 女の情念を描いた艶唄。真木柚布子[インタビュー] コモリタミノルを迎えた新境地 丘みどり
[インタビュー] Yellow Studs、現在の社会に抗う意思とバンドマンのリアルな生き様[インタビュー] 児玉 桃、ECMからの3作目は、小澤征爾指揮水戸室内管との細川俊夫とモーツァルト
[インタビュー] ジョン・グラム、みずから手がけた大河ドラマ『麒麟がくる』の音楽を語る[インタビュー] ナミヒラアユコ、ライヴ感&グルーヴィなサウンドとジャンルを横断するパワフルな歌声
[インタビュー] 梅井美咲、16歳でブルーノート東京に出演したジャズ・ピアニストが鮮烈デビュー[インタビュー] ジェイコブ・コーラーが語る、よみぃとの共演作と全面バックアップしたMAiSAのデビュー盤
[インタビュー] noonが聴く軽量・高音質イヤフォンNUARL“N6 mini”[インタビュー] kiki vivi lily、スウィート&グルーヴィな新世代シンガー・ソングライター
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015