ニュース

渋谷にレッドカーペット出現! BOOM BOOM SATELLITESが限定ライヴを開催!

ブンブンサテライツ   2010/05/27 14:19掲載
はてなブックマークに追加
渋谷にレッドカーペット出現! BOOM BOOM SATELLITESが限定ライヴを開催!
 5月26日に待望のニュー・アルバム『TO THE LOVELESS』をリリースしたBOOM BOOM SATELLITES(ブンブンサテライツ)が、ベスト・アルバムの購入者限定プレミアム・ライヴを、5月25日(火)東京・渋谷clubasiaにて開催しました!

 この日のライヴに参加できたのは、今年1月にリリースされ、日本人アーティストでありながらオリコン洋楽ランキングで第1位に輝くという快挙を成し遂げたベスト・アルバム『19972007』購入者の中から抽選で選ばれた幸運なファン。ライヴの数時間前から会場付近には長蛇の列ができ、開場直後には、客席がパンパンに膨れ上がり、身動きが取れない状態となったほど!

 その熱気の中、BOOM BOOM SATELLITESの2人がステージに登場すると、会場のボルテージは一気に急上昇! オープニングの「Moment I Count」のイントロが奏でられると、オーディエンスたちの歓声が地鳴りのように響きわたり、ヒット曲「BACKON MY FEET」や「KICK IT OUT」では、観客のジャンプで全体が揺れるほどの盛り上がり!

 ニュー・アルバム『TO THE LOVELESS』からは、収録曲「DRAIN」と「UNDERTAKER」が披露され、計10曲の圧倒的なパフォーマンスでオーディエンスを魅了。

 また、この日は、BOOM BOOM SATELLITESのライヴを一目見ようと多数の有名人やアーティストが来場。会場前には、渋谷の街には珍しいレッドカーペットが出現し、何が起こるのか?と通行人がざわめくなか、俳優の平岡祐太山咲千里穂のか、NAOTO(ORANGE RANGE)、リサ・レナ(バニラビーンズ)などが駆けつけ、彼らのパフォーマンスに見入っていました。

 5月26日にリリースされた約2年半ぶりのニュー・アルバム『TO THE LOVELESS』は、オリコンアルバムデイリーチャートで3位と、初のトップ3入りを果たし、ベスト・アルバムと同じく洋楽ランキングで1位と、まさに勢いに乗るBOOM BOOM SATELLITES。6月からは待望のライヴハウス・ツアーがスタートです!


<BOOM BOOM SATELLITES中野からのコメント>
 「お久しぶりです。中野です。ようやく新しいアルバムが日の目を見る事になります。制作期間2年以上、収録時間は70分以上の、文字どうりの大作です。幾つものテクスチャーがレイヤーされている多層的な構造の楽曲達がシームレスに流れていく非常にシネマティックな作品です。音楽家としてプライドを掛けて、一切の妥協を排除した崇高な作品に仕上がったと思います。洋楽邦楽問わず、今年1番厚みのある、感動的な作品になっていると言い切ってしまいましょう。僕自身にとっても、人生のマスターピースになりました。どうかこの感動を沢山の人達と共有したいです。自分で言うのも恐縮ですが、愛すべき音楽が出来上がった!と思えてしまうのです。TO THE LOVELESSが沢山の人達に愛されますように!!」
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表
[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム
[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く
[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』
[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015