ニュース

「自分たちの時代の新しい反抗の仕方を考えなくちゃいけない」TOSHI-LOW×後藤正文のトーク・イベント開催

BRAHMAN   2012/10/23 15:14掲載
はてなブックマークに追加
「自分たちの時代の新しい反抗の仕方を考えなくちゃいけない」TOSHI-LOW×後藤正文のトーク・イベント開催
 さる10月19日(金)、TOSHI-LOW(BRAHMAN)と後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)によるトーク・イベントが、TSUTAYA RECORDSの主催により、東京・ミッドタウンにある「TSUTAYA Lifestyle CONCIERGE」にて行なわれました。

 イベントは、音楽雑誌『Talking Rock!』編集長の吉川尚宏が司会をつとめ、和やかな雰囲気で進行。9月に開催された〈AIR JAM 2012〉のエピソードに端を発し、〈FUJI ROCK FESTIVAL〉でTOSHI-LOWと後藤が初対面したときの話、そして東日本大震災や復興支援に対する2人の考えなどが語られ、また、合間では観客から質問を募集する一幕もあり、「好きな女性の仕草は」「思い出深いライヴのエピソードは」といった内容から、「2011年3月11日は何をしていたか」といったシリアスなものまで、幅広い質問が飛び交いました。

 途中、後藤は脱原発という考え方と音楽との向き合い方について触れ、「自分たちの時代の新しい反抗の仕方を考えなくちゃいけない」と真摯な表情で吐露。また TOSHI-LOWは観客から10月13日に台北で行なったライヴについて訊かれると、とてもいいライヴになったと話し、併せて、台湾の人々が東日本大震災に際し一番多くの義援金を送ってくれたことや、台湾のPCメーカー「ASUS」が基板に「GOD BLESS JAPAN」の文字を刻んでいることについて感謝の意を込めてMCをしたところ、台湾の観客も号泣して応えてくれたというエピソードを明かしています。

 なお、このトーク・イベントの詳しい内容は、TSUTAYA RECORDS が発行しているフリーペーパー『VA』(11月20日号)で紹介されるとのこと。
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] だれかの「こころのやらかい場所」に。一瞬しかないの最強のデビュー・アルバム[特集] 東京音楽大学附属オーケストラ・アカデミー、オーケストラ奏者養成機関に見た大海原に漕ぎ出す若き才能の萌芽
[インタビュー] 宮本笑里、デビュー15周年を記念してクラシックの小品を弾いた『classique deux』[インタビュー] 初の全国流通盤をリリース 話題の一寸先闇バンド登場
[インタビュー] 室田瑞希、ひとりの表現者としての在り方を示す ニュー・シングル[特集] 鞘師里保、初のファンミーティング開催! 
[インタビュー] 元キマグレン・ISEKIが惚れ込んだ絶景の白馬岩岳で行なわれる山頂音楽フェスの魅力とは?[インタビュー] みやけん、人気ピアノYouTuber 早くも2ndアルバムを発表
[インタビュー] 蔦谷好位置が語る映画『SING/シング:ネクストステージ』日本語吹替えキャストの歌[インタビュー] 岸 裕真、注目のAIアーティスト初の作品集を発表
[インタビュー] 矢川 葵、「昭和歌謡を歌い継ぐ」ソロとして再始動[インタビュー] 踊るヴァイオリニスト×気鋭の歌い手「RiO楽曲制作プロジェクト」
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015