ニュース

Buffalo Daughterの東京公演ライヴにAAAMYYY(Tempalay)とSASUKEの出演が決定

バッファロー・ドーター   2019/03/22 13:13掲載
はてなブックマークに追加
Buffalo Daughterの東京公演ライヴにAAAMYYY(Tempalay)とSASUKEの出演が決定
 ポストロック、ニューウェイヴ、テクノなどを吸収した独自の音楽性で、90年代から現在に至るまでワールドワイドな活動を続けるオルタナティヴ・ロック・バンドのBuffalo Daughterが、「V2レコーズ」在籍時に発表したアルバム『Pshychic』(2003年)と『Euphorica』(2006年)がアナログ盤で発売されるのを記念して、この2枚のアルバムを“ゲストと共に全曲を再現するスペシャル・ライヴ・ツアー”〈25+1 Party〉を5月30日(木)東京・恵比寿 LIQUIDROOMを皮切りに全国4ヶ所で開催。

 5月30日の東京公演には、先立ち発表された中村達也小山田圭吾菊地成孔に加え、AAAMYYYTempalay)とSASUKEの出演が決定。6月14日(金)の兵庫・神戸VARIT.にて行われる神戸公演には和田晋侍(DMBQ)が、6月15日(土)の京都・下堤町 京都CLUB METROにて行われる京都公演には山本精一の出演がそれぞれ決定しています。

 また、東京公演に出演する15歳の現役中学生にして新進気鋭のトラック・メーカーであるSASUKEによる、「Elephante Marinos(エレファンテ・マリノス)」 (『Euphorica』収録)の“2019Ver.”が、3月22日(金)より主要配信メディアにて配信リリースされます。LIQUIDROOMのオフィシャル・サイトには、Buffalo Daughterの“25+1年”を振り返るインタビュー記事が掲載されています。同インタビューでも語られている、1998年に発売され、バンドのキャリアを語る上で欠かせない名盤『NEW ROCK』の配信も3月20日より主要音楽配信サイトにてスタートしています。

 なおBuffalo Daughterは、3月22日(金)20:00から東京・銀座 Ginza Sony Parkにて開催される〈PARK LIVE〉に登場。2タイトルのアナログ・リリースをいち早く記念する約1時間のライヴを行います。入場料は無料(別途ドリンク代が必要)です。詳細はGinza Sony Parkのプログラム・ページにてご確認ください。

拡大表示


■2019年3月20日(水)配信
Buffalo Daughter
『NEW ROCK』

linkco.re/VBYE5r0S
税込2,400円

■2019年3月22日(金)配信
SASUKE
「Elephante Marinos (2019 Ver.) [feat. SASUKE]」

linkco.re/xMDaRXB8
税込250円

Park Live@GINZA SONY PARK
www.ginzasonypark.jp/program/000

2019年3月22日(金)
東京 銀座 Ginza Sony Park B4
20:00〜21:00予定
入場料無料
※「“BEER TO GO” by SPRING VALLEY BREWERY」でワンオーダーをお願いします


Buffalo Daughter
25+1 Party


2019年5月30日(木)
東京 恵比寿 LIQUIDROOM
開場 18:30 / 開演 19:30
前売 4,000円(税込 / 別途ドリンク代)
ゲスト: 中村達也 / 小山田圭吾 / 菊地成孔 / AAAMYYY(Tempalay) / SASUKE

※お問い合わせ: LIQUIDROOM 03-5464-0800

2019年6月14日(金)
兵庫 神戸VARIT.
ゲスト: 和田晋侍(DMQB)

2019年6月15日(土)
京都 下堤町 京都CLUB METRO
開場 18:30 / 開演 19:00
前売 3,800円 / 当日4,300円(税込 / 別途ドリンク代)
ゲスト: 山本精一


2019年6月29日(土)
福岡 小倉FUSE
開場 17:30 / 開演 18:00
前売 3,800円 / 当日4,300円(税込 / 別途ドリンク代)
ゲスト: 山本精一
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015