ニュース

キャノンボール・アダレイの1966年と67年の未発表ライヴが作品化 Reel to Realレーベル第1弾

キャノンボール・アダレイ(Cannonball Adderley)   2018/12/19 12:24掲載
はてなブックマークに追加
キャノンボール・アダレイの1966年と67年の未発表ライヴが作品化 Reel to Realレーベル第1弾
 ジャズ史にその名を刻むアルト・サックス奏者キャノンボール・アダレイ(Cannonball Adderley)が、1966年6月と1967年10月に弟のナット・アダレイ(cor)、ジョー・ザヴィヌル(p)、ヴィクター・ガスキン(b)、ロイ・マッカーディ(ds)を従え、米シアトルのジャズ・クラブ“ザ・ペントハウス”で行なった未発表ライヴが作品化され、『スウィンギン・イン・シアトル: ライヴ・アット・ザ・ペントハウス 1966-1967』(KKJ-1032 2,500円 + 税)として12月15日(土)にリリースされています。

 本作は、いまや“ジャズ探偵”と称され、ジャズの歴史を塗り替える貴重音源の発掘を続けるレーベル「Resonance」を主宰するゼヴ・フェルドマンと、カナダの名ジャズ・レーベル「Cellar Live」のコリー・ウィーズがタッグを組んだ注目レーベル「Reel to Real」の第1弾リリース。ジャケット・デザインやブックレットは「Resonance」と同様のスタッフが手がけています。

 本作の演奏はすべて未発表で、『Cannonball In Japan』に収録された66年夏の来日公演にも通じるホットでグルーヴィなパフォーマンスを収録。またマッカーディのシャープなドラミングも聴きどころとなっています。

■2018年12月15日(土)発売
キャノンボール・アダレイ
『スウィンギン・イン・シアトル: ライヴ・アット・ザ・ペントハウス 1966-1967』

CD KKJ-1032 2,500円 + 税

[収録曲]
01. Jim Wilke Intro
02. Big “P”
03. Spoken Outro
04. Spoken Intro
05. The Girl Next Door
06. Spoken Intro
07. Sticks
08. Spoken Outro
09. Spoken Intro
10. The Morning Of The Carnival (Manha De Carnaval)
11. Spoken Outro
12. Spoken Intro
13. Somewhere
14. Jim Wilke Intro
15. 74 Miles Away
16. Spoken Outro
17. Back Home Blues
18. Hippodelphia
19. Set-Closing Outro


[メンバー]
キャノンボール・アダレイ(as) / ナット・アダレイ(cor) / ジョー・ザヴィヌル(p) / ヴィクター・ガスキン(b) / ロイ・マッカーディ(ds)

[録音]
1966年6月15日、22日 & 1967年10月6日&13日
米シアトル“Penthouse Jazz Club”
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015