ニュース

キャノンボール・アダレイの1966年と67年の未発表ライヴが作品化 Reel to Realレーベル第1弾

キャノンボール・アダレイ(Cannonball Adderley)   2018/12/19 12:24掲載
はてなブックマークに追加
キャノンボール・アダレイの1966年と67年の未発表ライヴが作品化 Reel to Realレーベル第1弾
 ジャズ史にその名を刻むアルト・サックス奏者キャノンボール・アダレイ(Cannonball Adderley)が、1966年6月と1967年10月に弟のナット・アダレイ(cor)、ジョー・ザヴィヌル(p)、ヴィクター・ガスキン(b)、ロイ・マッカーディ(ds)を従え、米シアトルのジャズ・クラブ“ザ・ペントハウス”で行なった未発表ライヴが作品化され、『スウィンギン・イン・シアトル: ライヴ・アット・ザ・ペントハウス 1966-1967』(KKJ-1032 2,500円 + 税)として12月15日(土)にリリースされています。

 本作は、いまや“ジャズ探偵”と称され、ジャズの歴史を塗り替える貴重音源の発掘を続けるレーベル「Resonance」を主宰するゼヴ・フェルドマンと、カナダの名ジャズ・レーベル「Cellar Live」のコリー・ウィーズがタッグを組んだ注目レーベル「Reel to Real」の第1弾リリース。ジャケット・デザインやブックレットは「Resonance」と同様のスタッフが手がけています。

 本作の演奏はすべて未発表で、『Cannonball In Japan』に収録された66年夏の来日公演にも通じるホットでグルーヴィなパフォーマンスを収録。またマッカーディのシャープなドラミングも聴きどころとなっています。

■2018年12月15日(土)発売
キャノンボール・アダレイ
『スウィンギン・イン・シアトル: ライヴ・アット・ザ・ペントハウス 1966-1967』

CD KKJ-1032 2,500円 + 税

[収録曲]
01. Jim Wilke Intro
02. Big “P”
03. Spoken Outro
04. Spoken Intro
05. The Girl Next Door
06. Spoken Intro
07. Sticks
08. Spoken Outro
09. Spoken Intro
10. The Morning Of The Carnival (Manha De Carnaval)
11. Spoken Outro
12. Spoken Intro
13. Somewhere
14. Jim Wilke Intro
15. 74 Miles Away
16. Spoken Outro
17. Back Home Blues
18. Hippodelphia
19. Set-Closing Outro


[メンバー]
キャノンボール・アダレイ(as) / ナット・アダレイ(cor) / ジョー・ザヴィヌル(p) / ヴィクター・ガスキン(b) / ロイ・マッカーディ(ds)

[録音]
1966年6月15日、22日 & 1967年10月6日&13日
米シアトル“Penthouse Jazz Club”
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ジョヴァンニ・アレヴィ ポップからクラシックまでジャンルを横断するイタリア出身のピアニストの“愛のアルバム”[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作
[インタビュー] 第2番の協奏曲には“青年ベートーヴェン”の力強さがみなぎっている――ピアニスト児玉麻里、〈東芝グランドコンサート2020〉に出演[インタビュー] ZOC “共犯者”大森靖子が仕掛ける超個性派アイドル・グループ
[インタビュー] スイーツ大好きアイドル♥ 甘党男子が甘〜く登場[インタビュー] INORAN LUNA SEAの新作と同時進行で制作した約3年ぶりのソロ・アルバム
[インタビュー] 上原ひろみ、ニュアンス豊かな“色彩”に満ちた10年ぶりのソロ・ピアノ・アルバム『Spectrum』を発表[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【後編】福間洸太朗、藤田真央インタビュー
[インタビュー] 東京1夜かぎりのクアトロ公演に加え、朝霧JAMにも出演! ホットハウス・フラワーズのリアム・オ・メンリィが語る、今も続く音楽の女神との会話[インタビュー] トーキョーキラー センスと個性をあわせ持ったプレイヤーが自由奔放に音をぶつけ合う極上のインスト・アルバム
[インタビュー] 「関ジャニ∞の仕分け」でもおなじみのピアニスト、ジェイコブ・コーラーが奏でるお気に入りの日本のメロディ[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【前編】河村尚子、金子三勇士インタビュー
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015