ニュース

カーネーションの名作『天国と地獄』が20周年記念のコレクターズ・エディションで再登場!

カーネーション   2012/05/02 17:42掲載
はてなブックマークに追加
 直枝政広(vo, g)&大田 譲(b)の2人体制となった現在も精力的に活動中、昨年11月にリリースの最新EP『UTOPIA』も好評のカーネーション。彼らが1992年に徳間ジャパン / WAX Recordsよりリリースした名作4thアルバム『天国と地獄』(『HIGH & LOW』)が、リリースから20年目を記念したスーパー・スペシャル・エディションとして再登場!『天国と地獄 20周年記念コレクターズ・エディション』(PCD-7318〜20 税込3,990円)が2CD + DVDの豪華仕様で5月9日(水)発売です!

 現在直枝と2トップを成す大田の加入を経て初めて制作された、記念すべき作品でもある『天国と地獄』。90s日本ロックの名盤であることは言わずもがな、“今”のカーネーションに繋がる原点とも言うべきアルバムです。『20周年記念コレクターズ・エディション』は、オリジナル盤がHQCDに仕様変更したdisc1、1998年の再発時(『天国と地獄 + 16』 / 現在は廃盤)に付属していた特典ディスク(デモ音源 / ライヴ音源ほかレア・トラックを収録)と同内容のdisc2、1992年当時のレコーディング風景をはじめとする貴重な映像を収録したDVDの3枚で構成。12Pブックレットや大谷能生によるライナーノーツも付属した決定版です!

 また、本作の発売を記念し、HMV主催の再現ライヴ・シリーズ〈HMV GET BACK SESSION〉に出演!『天国と地獄』を丸ごと再現します!5月20日(日)大阪・梅田 Shangri-La、6月1日(金)東京・渋谷 WWWの2公演が行われる予定となっておりますので、当時を知る皆様はもちろん、これからカーネーションに触れようという若いファンまで必見です!詳しくはカーネーションのオフィシャル・サイト(www.carnation-web.com)または〈HMV GET BACK SESSION〉詳細ページ(www.hmv.co.jp/news/article/1203020007)にてご確認ください。

 さらに、2012年の“レコード・ストア・デイ”を記念したスペシャルな7"ヴァイナル「天国と地獄 / 愛のさざなみ」(CSRD-1 税込1,500円)も発売中!こちらは、『天国と地獄』発売当時の販促用ポスターにデザインされたフェイク7"を、実際に作ってしまおう!という企画。『天国と地獄』からの2曲が収録された初回プレス限定盤。ファンはお買い逃しなく!


クリックすると大きな画像が表示されます
クリックすると大きな画像が表示されますクリックすると大きな画像が表示されます


HMV GET BACK SESSION
カーネーション「天国と地獄」LIVE


■2012年5月20日(日)大阪 梅田 Shangri-La

開場 17:00 / 開演 18:00
前売 4,500円 / 当日 5,000円(スタンディング / 別途ドリンク代)
ローソン 0570-084-005(L: 56745)

[出演]カーネーション
サポート・ドラマー: 張替智広
ゲスト: 鳥羽 修 / 渡辺シュンスケ / 大野由美子 / ロベルト小山

■2012年6月1日(金)東京 渋谷 WWW

開場 19:00 / 開演 20:00
前売 4,500円 / 当日 5,000円(スタンディング / 別途ドリンク代)
ローソン 0570-084-003(L: 72836)

[出演]カーネーション
サポート・ドラマー: 張替智広
ゲスト: 鳥羽 修 / 渡辺シュンスケ / 大野由美子 / ロベルト小山

主催 / 企画: 株式会社ローソンHMVエンタテイメント
制作: 株式会社ローソンHMVエンタテイメント / 渋谷WWW 
協力: Cosmic Sea Records / 渋谷WWW / 梅田Shangri-La

※詳細
www.hmv.co.jp/news/article/1203020007
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015