ニュース

きゃわふるTORNADO、クラブチッタにてワンマン・ツアー〈The 反撃!〉ファイナル公演を開催

きゃわふるTORNADO   2019/12/05 13:06掲載
はてなブックマークに追加
きゃわふるTORNADO、クラブチッタにてワンマン・ツアー〈The 反撃!〉ファイナル公演を開催
 2017年2月の結成から一度のメンバーチェンジもなく活動をしてきた6人組アイドルのきゃわふるTORNADO。グループ結成3年目となる2019年の活動テーマを「The 反撃!」とし、2年目とは様々な形で「反撃」を続けてきた彼女たちのワンマン・ライヴ・ツアー〈2019「The 反撃!」〉のファイナル公演が12月3日に神奈川・川崎 クラブチッタにて開催されました。

 BGMが終わり、ステージにかけられた幕に映像が投影される。2019年の振り返りとも取れる映像に早くも会場は興奮状態に。そしてOvertureで1人ずつメンバー紹介され一気にライヴモードへ突入。

 Overtureの終わりと同時に幕が振り落とされ、3月にリリースした自身も“反撃テーマ・ソング”と位置付けてきた「GAME」からスタート。その後、7月リリースのメジャー2ndシングルのカップリング・ソングとなるロック・チューン「Psychology」を熱唱、その後、畳み掛けるように夢を持ち続けることの難しさを歌った「これまでここから」を熱唱しMCへ。

拡大表示拡大表示

 各地を回ったツアーの話題をしながら道地が「今日は盛り上がっていけますか?」と観客を煽り、それに答える観客。そして、別所佳恋の「まだまだ反撃して行きましょう」の曲振りで爽快な青春ソング「トビキリナミダ」、夏の恋愛ソング「I LOVE YOU. Summer
Day」と続き、“オレモー”と会場が大熱唱した夏の一幕を歌ったハード・ロック・チューン「オレモレモン」、さらに、会場全体が右へ左へ大移動する「SUPERHERO」とアッパー・チューンを披露し笑顔と共に大歓声に包まれた。

 会場は暗転し、サイドのスクリーンにワンマン・ライヴ・ツアー 2019「The 反撃!」各公演(宇都宮、京都、浜松)のオフショット満載のロードムービーが映し出され会場は和やかな雰囲気に。

 そして照明が再びステージに灯る。そこには新衣装を身に纏ったメンバーが登場しており、会場は最高潮の歓声に。そしてその大歓声の中、披露されたのが新曲「HANDS」。

拡大表示拡大表示

 この一年、グループとしての活動は外から見ている分には順風満帆に見えた。しかし、その裏側では様々なことがあり、6人が出会えた奇跡、メンバーという存在、何よりメンバー同士が手を取り合い、且つその手を離さないことの大切さを再確認し6人の絆を感じたそう。そんな思いが込められている楽曲に会場には涙する人も。

 その後、真っ暗闇の中、杏斉の歌声が響く「Silent Voice」で再び熱を帯び、2018年にCDの売上だけで生活した〈SURVIVAL TOUR〉で発表した「NEVER ENDING STORY」、そのツアーの最終日に初披露され、グループの最終目的地の武道館への道のりを歌った「Onion Link」と続いた。

 クラブチッタに感動と躍動が交差する中、放たれた次曲はメンバーが大切にしてきた楽曲「ALIVE」。曲の始まりと同時にファンのサプライズで会場はオレンジのサイリウムを点灯しボルテージはMAXに。自分たちの存在証明をファンと共に歌い上げた。

拡大表示拡大表示

 曲の終わりと共に「最後はこの曲」と道地が叫び、本編最後に投入された楽曲は、この一年様々な場所で会場を巻きこんできたスカポップ・チューンの「きゃわ騒ぎのやつ」。終始メンバーとファンが一体となって、まるでお祭りのように騒ぎ立て最終の楽曲に見合った最高の盛り上がりで終えた。本編最後は地元川崎の道地がツアー成功の喜びを交えつつ締めくくり本編は終了。

 有志のファンのアンコールが発動され会場にアンコールが響き渡る中、サイドスクリーンにメンバーインタビューが映し出される。思い思いに見入るファン。インタビューが終わり、会場に流れたのは撮影が可能なメンバー自己紹介曲「撮可のうた」。観客は新衣装のメンバーと会場の興奮をカメラに収めようと思い思いスマホを手にした。

 そして、映画「おかざき恋愛四鏡」のオープニング・テーマ・ソングに起用されている人気曲「星空ディスティネーション」をしっかりと歌い上げ、会場は感動に包まれる。この楽曲はデビュー時、一番初めに披露し歌い継いできたグループにとってとても大切な曲。

拡大表示拡大表示

 最後のMCはリーダーの神咲が「この6人なら武道館に立てると今日、確信しました」とグループの目的地でもある日本武道館への思いを宣言し、ワンマン・ライヴ恒例の最後の曲「虹の向こう」を会場全体で歌い幸福感に包まれながらライヴは終了した。

 今年初めに見た同グループとは別のグループがそこにはいた。そこには今年経験した様々な出来事が自信に変わり、確実に一歩進んだアイドルの「生き様」が感じられた。

 最後にニュー・シングルの配信開始と、2020年2月11日(火・祝)に東京・渋谷 O-WESTで〈3rd Anniversary ワンマンライブ〜 & Resurrection 〜〉の開催が発表された。きゃわふるTORNADOのグループ結成日となる2月11日。どんな4年目のスタートを迎えるのか、今から楽しみだ。

拡大表示拡大表示


きゃわふるTORNADO 2019「The 反撃!」ツアー・ファイナル公演
12月3日 神奈川・川崎 クラブチッタ

[セットリスト]
〜OPENING MOVIE〜
01.Overture
02.GAME
03.Psychology
04.これまでここから
- MC -
05.トビキリナミダ
06.I LOVE YOU. Summer Day
07.オレモレモン
08.SUPERHERO
〜「The反撃!」TOUR MOVIE 〜
09.HANDS
10.Silent Voice
11.NEVER ENDING STORY
12.Onion Link
13.ALIVE
- MC -
14.きゃわ騒ぎのやつ
ENCORE
EN1.撮可のうた 〜SEASON 1〜
EN2.星空ディスティネーション
- MC -
EN3.虹の向こう

きゃわふるTORNADO 3rd Anniversary ワンマン・ライヴ〜 & Resurrection 〜
2019年2月11日(火・祝)
東京 渋谷 TSUTAYA O-WES
開場 18:00分 / 開演 18:30
前売 2,000円 / 当日 2,500円

[チケット]
一般発売: 2019年12月14日(土)10:00〜
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015