ニュース

チャラン・ポ・ランタン、申請した9月18日=「アコーディオン Bébé Medusaの日」が認定

チャラン・ポ・ランタン   2023/09/19掲載(Last Update:23/11/21 10:15)
はてなブックマークに追加
チャラン・ポ・ランタン、申請した9月18日=「アコーディオン Bébé Medusaの日」が認定
 12月よりツアー〈蛇腹妖怪大移動〉を展開する小春とももによる姉妹ユニットのチャラン・ポ・ランタンが、9月18日(月・祝)に東京・銀座博品館劇場にて行なわれた〈蛇腹談義祭り〉の昼公演「〜Bébé Medusa販売2周年記念式典〜みんなで弾こう!聖者の行進!」にて、9月18日を「アコーディオンBébé Medusaの日」として記念日登録をしたことを発表しています。

 同公演は、2021年9月18日に小春がプロデュースした手頃な値段のオリジナルのボタンアコーディオン「Bébé Medusa」を一晩で531台売った記念と、その531台のアコーディオンをすべて検品し発送完了したことを記念して開催。チケットは一般観覧席と別に「Bébé Medusa席」というオリジナルアコーディオンを購入し、当日会場へ持って行ける人のみが買うことのできるチケットも販売され、当日は約100人ものBébé Medusaを弾くアコーディオン奏者がイベントに参加しました。

 小春(acc)のアコーディオンソロ「藍色の約束」から始まり、もも(vo)が登場してチャラン・ポ・ランタンとしての演奏がスタート。「ぽかぽか」などを歌って手拍子や掛け声で盛り上がると、会場のプロジェクターでBébé Medusaの軌跡をたどるムービーが映し出されました。過去にYouTube「蛇腹談義」にゲスト出演した佐藤芳明角野隼斗(かてぃん)、瀬戸弘司らアーティストから届いたお祝いコメントも流れました。ムービーが終わり、拍手が響くなかでアコーディオニストの桑山哲也からの「地方公演の合間で会場に駆けつけられず……」という音声コメントが流れたかと思いきや、袖からマイクを持った桑山本人が登場するサプライズ。桑山は、小春が事前に動画コメントをお願いした際に「直接駆けつけお祝いしたい」と、急遽シークレットゲストとしての出演が決まったそうです。

 小春と桑山による「スタイルミュゼット」が2台のアコーディオンで熱く奏でられ、さらに桑山夫人で女優 / 歌手の藤田朋子がBébé Medusaのアコーディオンを背負って登場すると、アコーディオンを背負ったももを加え、みんなで「聖者の行進」を大合奏。日本でこれだけの数のアコーディオンの大合奏を見聞きすることはないだろう、アコーディオン界の歴史に残る光景となりました。

 最後に、小春が「今日を記念日にしたかった」と9月18日を日本記念日協会に記念日として「アコーディオン Bébé Medusaの日」を申請して、認定されたことを発表。日本記念日協会の代表理事の加瀬清志が記念日登録証を持ってステージに現れ、桑山の軽やかなアコーディオンの音色に乗せて表彰式が行なわれると、Bébé Medusaを背負った100人ものアコーディオン奏者たちが歓喜の声を上げました。

 チャラン・ポ・ランタンと蛇腹談義の活躍で、これからも日本にボタンアコーディオン奏者が増えることを期待したいところです。

拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


チャラン・ポ・ランタンツアー2023「蛇腹妖怪大移動」
2023年12月8日(金)愛知 名古屋 Tokuzo
2023年12月9日(土)愛知 ライブハウス AVANTI
2023年12月15日(金)大阪 南港サンセットホール
2023年12月16日(土)京都 紫明会館
2023年12月23日(土)福岡 LIV LABO
2023年12月25日(月)東京 duo MUSIC EXCHANGE
※時間、料金などは未定
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] YOYOKA    世界が注目する14歳のドラマーが語る、アメリカでの音楽活動と「Layfic Tone®」のヘッドフォン[インタビュー] 松尾清憲 ソロ・デビュー40周年 めくるめくポップ・ワールド全開の新作
[インタビュー] AATA  過去と現在の自分を全肯定してあげたい 10年間の集大成となる自信の一枚が完成[インタビュー] ソウル&ファンク・ユニットMen Spyder 初のEPを発表
[インタビュー] KMC 全曲O.N.Oによるビート THA BLUE HERBプロデュースの新作[インタビュー] 魚返明未 日本の新世代ジャズを牽引するピアニストが、新たなトリオでアルバムを発表
[インタビュー] みやけん 人気ピアノYouTuber 『俺のヒットパレード!』第4弾リリース![インタビュー] Billyrrom 注目の新世代バンドに聞く新章突入と〈HEADZ 〜NEW HOT WAVE〜〉出演への思い
[インタビュー] 町あかりの歌謡曲・春夏秋冬 春のテーマは「ディスコ」![インタビュー] Arvin homa aya  実力派シンガーの話題曲 アナログで連続リリース
[インタビュー] ジェイコブ・コーラー × kiki ピアノ 凄腕師弟コンビ[インタビュー] 文坂なの \
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015