ニュース

Cuushe + 久野遥子が長野〈門前映像祭〉にてコラボレート・パフォーマンスを披露

cuushe   2017/01/31 16:06掲載
はてなブックマークに追加
Cuushe + 久野遥子が長野〈門前映像祭〉にてコラボレート・パフォーマンスを披露
 「長野県信濃美術館」の開館50周年と日本最古級の劇場「長野松竹相生座・ロキシー」の創業100周年を記念し、“インディペンデント・アニメーション”をテーマに2月4日(土)から12日(日)までの9日間に亘り長野松竹相生座・ロキシーにて開催される〈門前映像祭〉。その一環として初日の2月4日、2015年作『Night Lines』が世界的に話題となった音楽家・Cuusheが出演。『Night Lines』および『Butterfly Case』のカヴァー・アートを手がけ、収録曲のミュージック・ビデオでもディレクションを務めたイラストレーター / アニメーション作家・久野遥子とのコラボレーションを披露します。

 スカートCALL』のカヴァー・アートやコミック作品、立体作品でも注目を浴びる久野遥子は、本公演でVJを担当。Cuushe「Airy Me」「Spread」のMVで見せた世界をリアルタイムで体感できること必至です。


 なおCuusheは、翌2月5日(日)に荻野茂二作品のライヴスコア上映も担当。戦前の伝説的映画作家が遺した代表作3本で劇伴に挑戦するほか、4日に上映される平岡政展の“動く紙芝居”「火とぼし山」では、ナレーションと効果音も務めます。詳しくは〈門前映像祭〉オフィシャル・サイトにてご確認ください。

拡大表示拡大表示


門前映像祭
www.npsam.com/exhibition/detail/monzen-ff17

2017年2月4日(土)〜12日(日)
長野松竹相生座・ロキシー

[上映プログラム]
当日 500円
※一部のプログラムは無料でご覧いただけます。

[フリーパス]
1,000円
※ワインイベント、ワークショップ、ライブイベントを除くすべてのプログラムをお楽しみいただけます。
※フリーパスは期間中に劇場窓口にてお買い求めいただけます。
※その他のプログラムは入場無料です。
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た!
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015