ニュース

エド・シーラン、新曲「オーヴァーパス・グラフィティ」MVでお相撲さんと日本語で会話?!

エド・シーラン   2021/11/01 13:24掲載
はてなブックマークに追加
エド・シーラン、新曲「オーヴァーパス・グラフィティ」MVでお相撲さんと日本語で会話?!
 世界的シンガー・ソングライターのエド・シーラン(Ed Sheeran)の最新アルバム『=(イコールズ)』が10月29日にリリースされました。

 2011年のデビュー・アルバム『+(プラス)』から、2014年発表の『×(マルティプライ)』、2017年発表の『÷(ディバイド)』と、シンボル・アルバム・シリーズの第4弾となる今作『=(イコールズ)』には、全英11週連続1位を記録した「Bad Habits / バッド・ハビッツ」や、全英4連続1位を記録した「Shivers / シヴァーズ」などを収録。また、このアルバム『=(イコールズ)』は全世界57ヵ国で1位を獲得しました。日本国内盤CDには、2020年12月にサプライズとしてリリースされた楽曲「Afterglow / アフターグロウ」がボーナス・トラックとして追加収録されています。

 そして、アルバムに収録されている新曲「Overpass Graffiti / オーヴァーパス・グラフィティ」のミュージック・ビデオも公開。今回のミュージック・ビデオでは、エド・シーランが旅に出て、様々な場所を訪れる模様を描いたロード・ムービーのような内容となっています。

 注目はエンディングのシーン。エド・シーランが旅の最後にお相撲さんとばったり会い、また再びどこかに旅に出ていくという締めくくりとなっています。ここではエド・シーランが自ら「どこにいくの?」や「一緒に行っていい?」などお相撲さんと日本語での会話にチャレンジ。ちなみに実はこのお相撲さん、エド・シーランの2017年にリリースされた大ヒット楽曲「Shape of You」のミュージック・ビデオにも出演しており、今回2度目の出演となっています。

 また、このミュージック・ビデオのラスト・シーンでは日本人アーティストMARINAによる「Shape of You」の日本語カヴァー・バージョンの楽曲が使用されています。「Shape of You」のカヴァーが世界中で数多く存在する中、今回、YouTubeのみで公開されていたこの日本語カヴァー・ヴァージョンをピックアップしたというのは日本のファンにとって嬉しいサプライズとなりました。

 MARINAはエド・シーランのミュージック・ビデオに自身のカヴァー楽曲が使用されていることに対し、「最初は、これは嘘だ。騙されてる何かのドッキリ?と思いました(笑)ただ、世界への活動が夢と語ってきていたので、自分の楽曲が尊敬するEd Sheeranさんを通して、全世界へ届ける事ができるのが、本当に幸せで感謝感激です!」とコメントしています。

 今回のミュージック・ビデオの監督は「Shape of You」の監督も務めたJason Koeingが担当し、「一瞬の時間を大切にして生きる」というメッセージが込められています。お相撲さん、日本語カヴァー・ヴァージョンの使用といった日本のことが大好きなエド・シーランらしい演出が詰まったミュージック・ビデオとなりました。



エド・シーラン | Warner Music Japan official site
wmg.jp/edsheeran
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 大河ドラマ『青天を衝け』オリジナル・サウンドトラック、音楽を担当した佐藤直紀が、厳選されたアナログLP収録曲の背景を語る[インタビュー] さらに成長をとげた2nd EPをリリース、鞘師里保
[インタビュー] 和田彩花、全作詞とアートワークを手掛けたアルバム完成[特集] 『マッカートニー 3,2,1』ポール・マッカートニーがこれまでの音楽活動をリック・ルービンと語るドキュメンタリー
[インタビュー] デビュー20周年のジャズ・ヴォーカリスト、待望の新曲をリリース Shiho[インタビュー] BeatleDNA、ビートルズへの思いがあふれる人気シリーズが完結 制作担当者が語る実現までの笑いと涙
[インタビュー] 西から上がるロックンロール新時代の狼煙、THE PERRY[インタビュー] 山中千尋、レコード・デビュー20周年を記念して、新録を含むバラード・ベスト・アルバムを発表
[インタビュー] 佐藤浩市、キャリア初のヴォーカル・アルバムは豪華ゲストを迎えた無観客ライヴ[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る
[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た!
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015