ニュース

チュニジア出身のシンガー・ソングライター、エメルが初来日公演を開催 ライヴ盤を発表

エメル(Emel Mathlouthi)   2021/10/13 13:28掲載
はてなブックマークに追加
チュニジア出身のシンガー・ソングライター、エメルが初来日公演を開催 ライヴ盤を発表
 2011年初頭から中東・北アフリカ地域で本格化した一連の民主化運動「アラブの春」のアンセムとして多くの人に歌われた「Kelmti Horra(わたしの言葉は自由)」。その作者として知られるチュニジア出身のシンガー・ソングライター、エメル(EMEL)が11月から12月にかけて初の来日公演を行ないます。また、ライヴ・アルバム『Everywhere We Looked Was Burning(Live)』をデジタル・リリースしました。

 エメルは、米ニューヨークを拠点に活動し、2015年にはノーベル賞授賞式で「Kelmti Horra(わたしの言葉は自由)」を披露。2019年にPartisan Recordsよりリリースされたアルバム『Everywhere We Looked Was Burning』は、ほぼ英語で歌われたエメルの最初のアルバムで、キャリア史上、最高のレヴューの多くを獲得。アメリカの国営放送NPRは彼女を“21世紀の変化の触媒”と評しました。リリースされるライヴ盤は、パンデミック直前のヨーロッパ・ツアー中に録音したものです。また、エメルはその後2020年にアルバム『The Tunis Diaries』をリリース。これは、自身のカタログから新たにレコーディングされた楽曲とカヴァー曲を収録した2部構成のアルバムでした。


最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] さらに成長をとげた2nd EPをリリース、鞘師里保[インタビュー] 和田彩花、全作詞とアートワークを手掛けたアルバム完成
[特集] 『マッカートニー 3,2,1』ポール・マッカートニーがこれまでの音楽活動をリック・ルービンと語るドキュメンタリー[インタビュー] デビュー20周年のジャズ・ヴォーカリスト、待望の新曲をリリース Shiho
[インタビュー] BeatleDNA、ビートルズへの思いがあふれる人気シリーズが完結 制作担当者が語る実現までの笑いと涙[インタビュー] 西から上がるロックンロール新時代の狼煙、THE PERRY
[インタビュー] 山中千尋、レコード・デビュー20周年を記念して、新録を含むバラード・ベスト・アルバムを発表[インタビュー] 佐藤浩市、キャリア初のヴォーカル・アルバムは豪華ゲストを迎えた無観客ライヴ
[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015