ニュース

エリック・クラプトン、ニュー・アルバム『Back Home』リリース!

エリック・クラプトン   2005/06/21掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 今年5月に無事開催された、クリームの再結成ライヴも記憶に新しいなか、なんとエリック・クラプトンのニュー・アルバム発表の報が突如として飛び込んできました!

 オリジナル楽曲を中心にしたアルバムとしては、2001年発表の『レプタイル』(写真)以来、約4年ぶり。アルバムは『Back Home』と題されて、USにて8月30日リリース予定。なんでもクラプトン単独で書かれた曲はタイトル・トラックのみとなっているそうで、他の曲は、クラプトンの片腕としてここ最近大きな役割を担っているサイモン・クライミーをはじめ、 ブラインド・フェイス時代の相棒スティーヴ・ウィンウッドジョン・メイヤーロバート・ランドルフらによるコラボレーション曲となっている模様。また、ジョージ・ハリスン「愛はすべての人に(原題:Love Comes to Everyone)」とスピナーズ「Love Don't Love Nobody」のカヴァー、スティーヴィー・ワンダーの元妻でもあったシリータ・ライトによる「I'm Going Left」などといった曲も収録される予定です。

 レコーディングは、クラプトンとサイモン・クライミーを中心にしたバンド編成で行なわれたそうで、なんでもスティーヴ・ウィンウッドはシンセサイザーを持ち込んでの参加となったとのこと。“スタジオ・アルバムを作りたかった”と意気込んでの作品となった本作。いまから期待ですね!

『Back Home』
(01) So Tired
(02) Say What You Will
(03) I'm Going Left
(04) Love Don't Love Nobody
(05) Revolution
(06) Lost and Found
(07) Heaven
(08) Love Comes to Everyone
(09) One Day
(10) One Track Mind
(11) Run Home to Me
(12) Back Home
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] だれかの「こころのやらかい場所」に。一瞬しかないの最強のデビュー・アルバム[特集] 東京音楽大学附属オーケストラ・アカデミー、オーケストラ奏者養成機関に見た大海原に漕ぎ出す若き才能の萌芽
[インタビュー] 宮本笑里、デビュー15周年を記念してクラシックの小品を弾いた『classique deux』[インタビュー] 初の全国流通盤をリリース 話題の一寸先闇バンド登場
[インタビュー] 室田瑞希、ひとりの表現者としての在り方を示す ニュー・シングル[特集] 鞘師里保、初のファンミーティング開催! 
[インタビュー] 元キマグレン・ISEKIが惚れ込んだ絶景の白馬岩岳で行なわれる山頂音楽フェスの魅力とは?[インタビュー] みやけん、人気ピアノYouTuber 早くも2ndアルバムを発表
[インタビュー] 蔦谷好位置が語る映画『SING/シング:ネクストステージ』日本語吹替えキャストの歌[インタビュー] 岸 裕真、注目のAIアーティスト初の作品集を発表
[インタビュー] 矢川 葵、「昭和歌謡を歌い継ぐ」ソロとして再始動[インタビュー] 踊るヴァイオリニスト×気鋭の歌い手「RiO楽曲制作プロジェクト」
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015