ニュース

ノルウェーから気鋭のピアニスト、エスペン・バルグが日本初登場

エスペン・バルグ・トリオ   2015/05/22 15:59掲載
はてなブックマークに追加
 世界的に注目される北欧のジャズ・シーンにおいて、独自の文化を築き、多くの先進的な音楽を発信するノルウェーから、キース・ジャレットブラッド・メルドーエスビョルン・スヴェンソンらに影響を受けた気鋭のピアニスト、エスペン・バルグ(Espen Berg)が日本初登場、初のトリオ作品『モンステル』(BG-006 2,400円 + 税)をリリースしました。

 〈モントルー・ジャズ・フェスティバル〉に2年連続(2012年 / 2013年)で“ピアノ・ソロ・コンペティション”にノミネートされた逸材。繊細で美しいピアノ・タッチから生まれる、北欧特有の透き通る空気感を持つ深遠で進歩的な楽曲の数々。 ベースにフェロー諸島出身のバルー・ライナット・ポウルセン、ドラムにノルウェーの音楽シーンで活躍するシーモン・オルダシュクーグ・アルバートシェンを配し、息の合ったグルーヴを展開しています。

 本作では“テッセレーション”という無限の特性を形成する幾何学的な模様を、自身の創作理論に例え表現しています。静寂とダイナミズムを絶妙にコントロールした、全曲エスペン・バルグのオリジナルによるモダニズム溢れるピアノ・トリオ作品。日本盤にはボーナストラックも収録されています。要注目のピアニストの登場です。

■2015年5月20日(水)発売
エスペン・バルグ・トリオ
『モンステル』

BG-006 2,400円 + 税

[収録曲]
01. LENTICULARIS
02. REVENGE OF THE SIXTH
03. TRETTIFEM
04. ALL ERASE
05. ATTACK OF THE TONES
06. LEFT AT THE RIGHT MOMENT
07. MAPLE NOISE
08. FOLKEJOHNNY
09. B13
10. SMOLL
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
[インタビュー] マチュー・ボガート  パリからロンドンに拠点を移し、“新しい絵の具”を使って作られた英詞アルバム[インタビュー] 人気女性ピアノYouTuberが“天空”にまつわる楽曲を弾いた煌めきの新作 朝香智子
[インタビュー] デビュー35周年の豪華シングル 西方裕之[インタビュー] パット・メセニー 新作はクラシック! 室内楽作曲家デビューを果たした『Road to the Sun』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015