ニュース

ありったけの“ありがとう”を込めて 藤森愛がEP『I(アイ)』ツアー・ファイナルを開催

藤森愛   2016/12/05 16:55掲載
はてなブックマークに追加
ありったけの“ありがとう”を込めて 藤森愛がEP『I(アイ)』ツアー・ファイナルを開催
 シンガー・ソングライターとして自らを見つめなおした1st EP『I(アイ)』を携え、様々な会場でライヴを行なってきた藤森愛が、12月2日にツアー・ファイナルとなるワンマン・ライヴを愛知・名古屋 今池 BL cafeにて開催。バンド・メンバーに水野正敏(b)、鏡味 淳(pf, key)、安藤“TOME”貴士(dr)を迎え、アンコールを含む全17曲を披露しました。

 冒頭をアカペラで歌い上げた「Regulus」からワンマンは幕を開け、「ワンマン・ライヴだからやりたいことが全部できる」というMC通り、ベースとの2ピースで披露した「遠い日の歌」、この日の為に書き下ろしたという「Hello」、アコースティック・ギターを離しピアノだけを頼りに歌い上げた「エンドレス・デイ」「22」など、楽曲ごとにアプローチを変えてパフォーマンス。

 フルバンドで臨んだ後半戦では、“どんなに不可能なことでも、自分の心次第で変えることが出来る”というメッセージを込めた新曲「パラダイム」や、EPの象徴とも言える楽曲となった「Mayday」で会場を大いに盛り上げると、藤森はこの一年を振り返りながら、応援してくれる人たちや出会いについて感謝の言葉を述べ、「みんなに恩返しするつもりだったのに、またこうやってみんなが見に来てくれて、またパワーをもらって、ずっとこうやって恩返しを繰り返していけたらいいなって。これからも炸裂していくので、思いっきりぶつかってきてください」と、「surround」で本編を締めくくりました。

 アンコールにて「またここから新しい藤森愛が始まります!」と宣言、「ドリーマーズ・ラン」を力強く歌い、ワンマンを終えた藤森は、「7月30日から始まった〈藤森愛 release tour 2016『I』〉。準備期間を入れたらもっとずっと前から始まってた。名前を挙げたらキリがないほどたくさんの方が関わってくれて、何度も助けてもらいました。前回のツアーを越えたくて、昨日の自分を越えたくて、名古屋・大阪・東京・京都・神奈川でレコ発主催も打ってとにかく走った。そうやってあっという間に迎えたツアーファイナルワンマン。今まで支えてくれた人たちにありったけの“ありがとう”を込めて歌いました。応援してくれる皆さん、最高のバンドメンバー、力強いチームがいてくれて本当に嬉しかった。身体の隅々まで響いてくるバンドサウンド、BL cafeで歌う歌は最高に気持ちよくて、今年一年の集大成を思い残すことなく届けることができたと思っています!」と語っています。

 来年への抱負として、「自分の歌声とギターだけを詰めた1st EP『I』は、支えてくれるたくさんの人たちの愛をもらって、大きな『I』になりました。来年はもっと大きな愛を込めて返していきたいです。皆があっと驚くような、ワクワクドキドキするような、そんな空間を作って行きたいと思います!!」とメッセージを寄せている藤森は、この年末もライヴ三昧。12月23日(祝・金)には愛知・名古屋 新栄 sunset BLUEで行なわれるイベント〈田村直美&Friends〉に出演します。

藤森愛

LIVE PHOTO: 安江正実

田村直美&Friends
2016年12月23日(祝・金)
愛知 名古屋 新栄 sunset BLUE
開場 17:30 / 開演 18:00
前売 3,500円 / 当日 4,000円(税込 / 別途ドリンク代)
学割 2,000(当日学生証提出)


[出演]
田村直美 / カネ∽ケッツ / 藤森愛 / 北海道芸術高等学校名古屋キャンパスの皆さま
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム
[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作
[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分[インタビュー] 寺井尚子、“ジャズ・ヴァイオリンの女王”による多彩なナンバーで、新たな世界が花開く
[インタビュー] 宮本笑里、初の自作オリジナル楽曲中心のミニ・アルバム『Life』を発表[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章
[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム
[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015