ニュース

グッドモーニングアメリカ、活動休止前ラスト・シングル 「フルスロットル」 MV公開

グッドモーニングアメリカ   2019/10/21掲載(Last Update:19/10/23 15:18)
はてなブックマークに追加
グッドモーニングアメリカ、活動休止前ラスト・シングル 「フルスロットル」 MV公開
 2020年1月17日(金)より東京・渋谷 TSUTAYA O-EASTを皮切りに東京・名古屋・大阪で開催されるラスト・ワンマン・ツアー〈また会えるよね〉をもって活動休止を発表したグッドモーニングアメリカが、10月16日にリリースした活動休止前ラスト・シングル「フルスロットル」(CD COCA-17724 1,000円 + 税)のミュージック・ビデオをYou Tubeにて公開しました。

 同ミュージック・ビデオは、グッドモーニングアメリカがメインステージ初のトリを務めた東海地区最大の夏フェス〈TRESURE05X 2019〉のライヴ模様を収録。未来に向かって迷わず突き進もうとする気持ちを歌う楽曲「フルスロットル」の魅力が、躍動感みなぎるパフォーマンスで表現され、オーディエンスの笑顔も印象的な映像となっています。

 なお、活動休止にあたりフロントマンの金廣真悟(vo,g)は「このメンバーでグドモを続ける為に活動休止という選択をしました。なので、いつとは決まってないのですが、またこの4人でステージ上に戻って来る気満々です」とコメント。ほかのメンバーもファンに向けて、「この大きな決断を後悔しない為にも、いつかまたみんなと笑って振り返ることができる為にも、前を向いて進んでいくつもりです」(渡邊幸一)、「決まっているライヴも全力ファイヤーでいくので遊びに来てもらえたら嬉しいです!」(たなしん)、「また会える日のため、これから僕なりのやり方で活動していき、恩返しできるよう努めていきたいと思います。たくさんの応援ありがとうこざいました」(ペギ)とそれぞれの気持ちを伝えています。

このメンバーでグドモを続ける為に活動休止という選択をしました。
なので、いつとは決まってないのですが、またこの4人でステージ上に戻って来る気満々です。
俺はその日を楽しみに修行してきます。
長い間ありがとうございました。
そしてこれからもどうぞよろしく。

――金廣真悟(vo,g)

いつもグッドモーニングアメリカを応援してくれるみんなへ
今までたくさんの景色を見てきたみんなと、これからも歩いて行けなくなってしまって、本当にごめんなさい。
ずっと自分の音楽に対する気持ち、残りの自分の人生、何度も自問自答してきましたが、今はこの答えしか出せませんでした。
応援してくれたみんなには感謝してもしきれません。これからも少しでも僕らの音楽がみんなの支えになってくるように、グドモを好きで良かったって思って貰えるように、全力を尽くします。
この大きな決断を後悔しない為にも、いつかまたみんなと笑って振り返ることができる為にも、前を向いて進んでいくつもりです。

――渡邊幸一(g,cho)

突然の報告で驚き悲しんでいる人へごめんなさい。
バンド活動休止後、またこのメンバーでステージで音を出せるその瞬間まで心の火を絶やさず進んでいきたいと思っています!
決まっているライヴも全力ファイヤーでいくので遊びに来てもらえたら嬉しいです!

――たなしん(b,cho)

応援してくれていたファン、グドモクルーの皆んなには本当に感謝しています。
やりたい事、やれる事を改めて考えて
また会える日のため、これから僕なりのやり方で活動していき、恩返しできるよう努めていきたいと思います。
たくさんの応援ありがとうこざいました。

――ペギ(ds,cho)



グッドモーニングアメリカ 〈また会えるよね〉
goodmorningamerica.jp/contents/273510
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
[インタビュー] 眉村ちあき 弾き語りトラックメイカーアイドル あらゆる面で成長した渾身の新作[インタビュー] 湯浅湾 我々は“望まない” 10年ぶりの新作『脈』をバンマスが解説
[インタビュー] SKY-HIからエルメート・パスコアールまで、多彩なゲストを迎えた全曲オリジナルの新作『イン・ザ・キー・オブ・ジョイ』を発表[インタビュー] Soggy Cheerios(ソギー・チェリオス) 新たな局面を迎える手応え
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015