ニュース

NYブルックリン発ジャズ・ブラス・バンド、ハンタートーンズが来日 新作リリース

ハンタートーンズ   2019/04/16 13:42掲載
はてなブックマークに追加
NYブルックリン発ジャズ・ブラス・バンド、ハンタートーンズが来日 新作リリース
 米ニューヨーク・ブルックリンの音楽シーンで話題を呼ぶ新世代ジャズ・ブラス・バンド、ハンタートーンズ(HUNTERTONES)が来日。東京・南青山 BLUE NOTE TOKYOのライヴ・シリーズ〈The EXP Series〉の第25弾として4月17日(水)と18日(木)の2日間に亘り公演を開催するほか、4月16日(火)には東京・新宿 Brooklyn Parlor SHINJUKUにてミニライヴも行なわれます。この来日公演に合わせて、4月17日(水)に最新アルバム『パスポート』が国内盤(PCD-24832 2,400円 + 税)でリリースされます。

 抜群のミクスチャー感覚で、ジョン・バティステリオーネル・ルエケから賞賛を浴びるハンタートーンズ。ジョン・バティステ&ステイ・ヒューマンの一員としても活動するトランペット / スーザフォン奏者のジョン・ランプリーらにより米オハイオ州で結成。現在はニューヨーク・ブルックリンを拠点に活躍しています。2015年のアルバム・デビューを経て、昨秋はローレンスとともにツアーを開催。今年1月には、クリスチャン・マクブライドケイシー・ベンジャミンらが参加するDJロジック&フレンズのオープニング・アクトも務めました。

 本作はバンダ・マグダのマグダ・ヤナクゥがプロデュースした注目作。スナーキー・パピーのメンバー、ジャスティン・スタントンや小川慶太らをゲスト・プレイヤーとして迎え、何層にも重なる野太いホーン、グルーヴに満ちたのリズム、キャッチーなメロディラインを武器に作り込まれた大迫力のサウンドが展開されています。



■2019年4月17日(水)発売
ハンタートーンズ
パスポート

CD PCD-24832 2,400円 + 税

[収録曲]
01. Clutch
02. Bird Song
03. Togo
04. Hondo
05. Star of the East
06. Fara
07. Bad David
08. Change
09. Fergal’s Tune
10. Parusha
11. What a Wonderful World(Bonus Track)

The EXP Series #25
ハンタートーンズ

www.bluenote.co.jp/jp/artists/huntertones

2019年4月17日(水) / 18日(木)
東京 南青山 BLUE NOTE TOKYO
1st 開場 17:30 / 開演 18:30
2nd 開場 20:20 / 開演 21:00
チャージ 6,500円(税込 / 飲食代別途)

[メンバー]
ダン・ホワイト(sax)
ジョン・ランプリー(tp, sousaphone)
クリス・オット(tp, beatbox)
ジョシュ・ヒル(g)
アダム・デアセンティス(b)
ジョン・ハベル(ds)


Good Music Parlor Special Edition
www.brooklynparlor.co.jp/shinjuku/event/190416_huntertones&djjin_gmp

2019年4月16日(火)
東京 新宿 Brooklyn Parlor SHINJUKU
19:30〜22:00
Live: Huntertones
DJ: DJ JIN (Rhymester)
入場無料(要オーダー)

[メンバー]
ダン・ホワイト(sax)
ジョン・ランプリー(tp, sousaphone)
クリス・オット(tp, beatbox)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015