ニュース

ジョー・バターンのオリジナル・アルバム4作が再発!

ジョー・バターン   2013/04/10 16:42掲載
はてなブックマークに追加
ジョー・バターンのオリジナル・アルバム4作が再発!
 2011年の来日公演が絶賛され、『笑っていいとも!』への出演でも話題を呼んだ、サルサ・シーンを代表するアーティストのひとり、ジョー・バターン(Joe Bataan)のオリジナル・アルバムが5月22日にリイシューされます。昨年夏から続いていた名門レーベル、サルソウルの再発シリーズの最後を飾るもので、発売されるのは、『サルソウル』(OTLCD-5050 税込1,990円 / 写真)、『アフロフィリピーノ』(OTLCD-5051 税込1,990円)、ジョー・バターン&ザ・メスティーソ・バンド名義の『メスティーソ』(OTLCD-5052 税込1,990円)、『2』(OTLCD-5053 税込1,990円)、以上の4タイトルです。

 レーベル名の由来でもある『サルソウル』は、もともとサルソウルの前身レーベル、Mericana Recordsからリリースされたアルバム。ジョー・バターンがそれまでファニア・レーベルで録音してきた正調サルサにソウル・ミュージックの要素を大胆に持ち込んだ記念碑的な作品です。『アフロフィリピーノ』はプエルトリコ系黒人とフィリピン人のハーフという自身の出自をタイトルに掲げ、人気曲「Ordinary Guy」を収録するアルバム。『メスティーソ』はディスコ・サウンドに本格的に取り組んだ、ラテン・ソウル・ディスコの定番作。収録曲「Rap-O-Clap-O」は大ヒットとなりました。『2』は前作のヒットを受けた作られた続編的なアルバム。にぎやかなパーティ・チューンが並ぶなか、人気のメロウ・ナンバー「When We Get Married」が光ります。
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] YOYOKA    世界が注目する14歳のドラマーが語る、アメリカでの音楽活動と「Layfic Tone®」のヘッドフォン[インタビュー] 松尾清憲 ソロ・デビュー40周年 めくるめくポップ・ワールド全開の新作
[インタビュー] AATA  過去と現在の自分を全肯定してあげたい 10年間の集大成となる自信の一枚が完成[インタビュー] ソウル&ファンク・ユニットMen Spyder 初のEPを発表
[インタビュー] KMC 全曲O.N.Oによるビート THA BLUE HERBプロデュースの新作[インタビュー] 魚返明未 日本の新世代ジャズを牽引するピアニストが、新たなトリオでアルバムを発表
[インタビュー] みやけん 人気ピアノYouTuber 『俺のヒットパレード!』第4弾リリース![インタビュー] Billyrrom 注目の新世代バンドに聞く新章突入と〈HEADZ 〜NEW HOT WAVE〜〉出演への思い
[インタビュー] 町あかりの歌謡曲・春夏秋冬 春のテーマは「ディスコ」![インタビュー] Arvin homa aya  実力派シンガーの話題曲 アナログで連続リリース
[インタビュー] ジェイコブ・コーラー × kiki ピアノ 凄腕師弟コンビ[インタビュー] 文坂なの \
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015