ニュース

ジュリアナ・バーウィック、即興演奏から生まれた新作『Healing Is A Miracle』を発表

Julianna Barwick   2020/05/21 14:38掲載
はてなブックマークに追加
ジュリアナ・バーウィック、即興演奏から生まれた新作『Healing Is A Miracle』を発表
 米ロサンゼルスを拠点に活動するヴォーカリスト / プロデューサーのジュリアナ・バーウィック(Julianna Barwick)が、ニュー・アルバム『Healing Is A Miracle』(CD BRC-648 2,200円 + 税)を名門レーベル「Ninja Tune」より7月10日(金)に発表します。ヨンシーシガー・ロス)、ノサッジ・シング、2019年に日本でバーウィックと共演ライヴを行なったメアリー・ラティモアの3人が参加。アルバムに収録される新曲「Inspirit」のミュージック・ビデオが公開されています。

 ミュージック・ビデオはジョエル・カズオ・クネンシルトによりアイスランドで撮影されたもの。息を呑むような海岸線の光景を上空からドローンでとらえており、このときの撮影から抜き出した画像がアルバムのジャケットに使用されています。

 アルバムのタイトルは、人間の体が自らを修復しようとする働きがいかなるものであるか、バーウィックが考えを巡らせたさいに思いついたものでした。その奇跡のような作用について、我々が注意を向けることはほとんどありません。「たとえば手を切ってしまったとき、傷が痛々しくても、2週間後には見た目では何もなかったかのようになってしまう……これって何だかすごいことでしょう?」それは当時の彼女にとって何よりふさわしい感傷で、そこからこの簡潔なメッセージをタイトルとして思いつき、複数の友人に意見を求め、アルバムのタイトルが決定しました。今回のアルバム自体が、そして彼女の作品全体がそうであるように、すべては自身の感性に従った結果、どこに行き着くのかということがテーマになっています。

 バーウィックは「自分の力で何かを作り、ただ愛を形にする……それは感動的な体験だった。私がレコーディングしていたのは、自分の心から出てきた音楽であって、決して“課題”や仕事のためではなかったのだから……少しだけ涙するようなこともあった」とアルバムについてコメントしています。

Photo by Jen Medina


最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分
[インタビュー] 寺井尚子、“ジャズ・ヴァイオリンの女王”による多彩なナンバーで、新たな世界が花開く[インタビュー] 宮本笑里、初の自作オリジナル楽曲中心のミニ・アルバム『Life』を発表
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015