ニュース

北村一輝と猫がおくる“動物癒し時代劇”、『猫侍』がドラマ&映画で公開

北村一輝   2013/09/10掲載(Last Update:13/09/17 17:14)
はてなブックマークに追加
北村一輝と猫がおくる“動物癒し時代劇”、『猫侍』がドラマ&映画で公開
 北村一輝が主演をつとめ、圧倒的スケールでおくる“動物癒し時代劇”! その名も『猫侍』が公開決定。この10月よりドラマ版が全国14局ネットでオンエア(ひかりTVにて同時配信、BSフジやスターキャットでも同時期放送)、劇場版は来春の公開が予定されています。

 ――皆に恐れられる寡黙な浪人。人斬りと呼ばれた男が下された指令は“猫を斬れ”。だがしかし……なんと男は、猫の癒しの瞳に“やられて”しまった――。これまで絶大な支持を集めてきた『ねこタクシー』『幼獣マメシバ』などの動物シリーズが、日光江戸村の全面バックアップのもと壮大にスケールアップを果たし、遂に生まれた“動物癒し時代劇”こと『猫侍』。公開情報と共に明らかとなったメインカット、懐に収まった白猫との姿も完璧な、主人公の浪人剣士“斑目久太郎”を演じるのは、多彩なキャラクターを演じ分ける確かな演技力で信頼を集める個性派俳優、北村一輝。“人は斬れても猫は斬れない”癒しと笑いの新感覚時代劇にご注目ください。

クリックすると大きな画像が表示されます

<北村一輝『猫侍』Interview>

――斑目久太郎はどんな人物ですか?

 「以前は武士をしていましたが、今は浪人剣士。江戸に来て、長屋に住み仕事を探している男です。価値観が現代人に近く、身分は違えど、人を殺めることはよくないという考えを持つ心優しい人間です。江戸時代、士農工商という身分のある中、その時代には相応しくないものの考え方をしている人間ではないかと思います。それ故に、周囲の人間と合わず、仕事もうまくいかず、なかなか思うように生きられないで葛藤している。この時代には、その優しさが甘いと言われたりするのでしょうか。そういう人間が、猫と出会い、どのように変化し成長していくのか。そこがドラマになっているのではと思います」

――『猫侍』の魅力は?

 「剣の道でしか生きようとせず、自らを振り返ったことのない久太郎が、ある猫と出会うことで、初めて立ち止まり、振り返り、考える。その中で新しい何かを得ていく。今まで笑顔にもなったことのないような強面の侍が、成長していく物語です。時代劇は、小難しくてハードルが高いと思う方もいるかもしれませんが『猫侍』は、笑えて、泣ける人間ドラマ、そして可愛らしい猫の魅力も満載で描かれています。まず1話を見て頂ければ、面白くて夢中になると思います。ふざけ過ぎだと思われるかもしれませんが(笑)」

――猫は好きですか?

 「元々、猫も飼っていた猫大好きの猫派です。実際に撮影していて面白いのが、もちろん猫の性格にもよりますが、猫のなつき方を見て、猫は好きな人と嫌いな人が猫には分かるのだなと思いました。昔、子供の頃、犬を飼っていて、大人になってから猫を飼ったのですが、距離感が好きですね。犬はなつきすぎて、たまにほっといてくれと思う時があったり。どちらかというと猫が好きですね」

――撮影はいかがでしたか。

 「日光江戸村の迫力ある、豪華なセットの中で、楽しんで演じさせて頂きました。妥協せずに、みんなで意見を出し合い作りました。映画とドラマ、ひと味違う面白みも足していけるように試行錯誤しました。楽しんで頂けると思います」

――撮影中の猫とのエピソード。

 「猫は3匹いて、アナゴとサクラと、もう1匹もサクラといいます。アナゴが一番かわいらしく大人しい。抱きかかえるとピタッとくっついてくる。目がくりっとしているのは、全部サクラです。好奇心旺盛です。2匹のサクラは“大人サクラ”と呼ばれていて、お気に入りです。まったく動かず周りで音がしてもゴロンと寝ている。ちょっと隙があると膝の上に乗ってくる。たまらなく可愛いです。膝の上に乗ってくるシーンは、全て大人サクラですね。3匹とも可愛いなとは思いますが、一番は大人サクラと通じ合っているなという気がします」

――本作の見どころについて。

 「魅力のひとつが癒しです。キャスト、スタッフ、みんなが猫の愛くるしさに癒されながら撮影しました。また、共演者が好き放題面白いことをやってくれて、笑えます。そして、話が進むたびに久太郎がどう成長していくのかという人間ドラマ。とにかく見どころは満載です。是非何の気兼ねなしに、楽しんで見て頂けたらと思います」



『猫侍』
【オフィシャル・サイト】
nekozamurai.info
【Twitter】
twitter.com/nekozamuraiinfo

[STORY]
――時は幕末。かつて畏怖され尊敬された剣客は、今や浪人となり身をやつしていた。困窮する男に久々に舞い込んだ仕事。それは「猫」を斬れというものだった……。飼い主を骨抜きにする魔を持つというその化け猫。しかし、この小さな生き物との出逢いが、男の小さな生活を鮮やかに変えていく……。

《ドラマ版》
2013年10月から全国14局ネットで先行スタート。
tvk / テレ玉 / チバテレ / 三重テレビ / KBS京都 / サンテレビ / 札幌テレビ放送 / TVQ九州放送 / とちぎテレビ / テレビせとうち / 広島ホームテレビ / 静岡第一テレビ / 群馬テレビ / 仙台放送ほか
※ひかりTV(NTTぷらら)で同時配信。
※BSフジ、スターキャットでも同時期放送。
【キャスト】
北村一輝 / 平田薫 / 水澤紳吾 / 佐藤誓 / 笠原紳司 / ユキリョウイチ / 川村亮介 / 本宮泰風 / 伊藤洋三郎 / 高橋かおり / 横山めぐみ


《劇場版》
来春公開予定
【キャスト】
北村一輝 / 蓮佛美沙子 / 浅利陽介 / 戸次重幸 / 洞口依子 / 温水洋一 / 津田寛治 / 横山めぐみ / 斎藤洋介 / 小野寺昭 / 寺脇康文


【スタッフ】
ドラマ版監督:渡辺武 / 山口義高
ドラマ版脚本:黒木久勝
映画版監督:山口義高
映画版脚本:永森裕二 / 山口義高 / 城定秀夫

企画・配給:AMGエンタテインメント

(C)2013「猫侍」製作委員会
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] INORAN LUNA SEAの新作と同時進行で制作した約3年ぶりのソロ・アルバム[インタビュー] 上原ひろみ、ニュアンス豊かな“色彩”に満ちた10年ぶりのソロ・ピアノ・アルバム『Spectrum』を発表
[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【後編】福間洸太朗、藤田真央インタビュー[インタビュー] 東京1夜かぎりのクアトロ公演に加え、朝霧JAMにも出演! ホットハウス・フラワーズのリアム・オ・メンリィが語る、今も続く音楽の女神との会話
[インタビュー] トーキョーキラー センスと個性をあわせ持ったプレイヤーが自由奔放に音をぶつけ合う極上のインスト・アルバム[インタビュー] 「関ジャニ∞の仕分け」でもおなじみのピアニスト、ジェイコブ・コーラーが奏でるお気に入りの日本のメロディ
[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【前編】河村尚子、金子三勇士インタビュー[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作
[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』
[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015