ニュース

桑田佳祐、『昭和八十八年度! 第二回ひとり紅白歌合戦』奇跡の映像化決定!

桑田佳祐   2014/02/20 15:54掲載
はてなブックマークに追加
桑田佳祐、『昭和八十八年度! 第二回ひとり紅白歌合戦』奇跡の映像化決定!
 桑田佳祐、『昭和八十八年度! 第二回ひとり紅白歌合戦』奇跡の映像化が決定! DVD、Blu-ray作品として3月12日に緊急発売されることが明らかになりました。

 昨年12月、パシフィコ横浜国立大ホールで4日間にわたって行なわれた、桑田佳祐による〈Act Against AIDS〉コンサート。桑田がAAAコンサートを行なうのは4年ぶりであったことに加え、コンサートの企画が2008年に行なわれ、大好評を博した〈ひとり紅白歌合戦〉の第2回目ということもあって、発表と同時に大きな反響を呼び、例年3日間だった公演日を今回は4日間に増したものの、チケットは秒殺で売り切れとなりました。

 例年、AAAコンサートは、あくまでもエイズ啓発のためのチャリティイベントであるという性質から、商品化が検討されることは稀であるため、ファンにとっては実際にこのステージを生で観るということがとても貴重な体験となっています。今回は特にステージ前半、桑田扮する総合司会の“甘皮静夫”が、会場に映し出された映像の中で「中西! なんでもDVDで売っちゃうんじゃないよ、ライヴやるたびに!」と、冗談まじりに自身のチーフ・マネージャーをたしなめる場面があったことなどからもわかるように、映像化の可能性は桑田・スタッフともに、まったく考えていなかった模様。しかし後日、報道などで公演の模様の一部が放送され、約4時間にもおよぶ大ボリュームのステージだったことなど、その内容が明らかになると、当日会場に行くことが叶わなかったファンからは、その映像化を求める声が殺到。桑田にとっても、実際に4日間のステージが終わってみると、自身の血肉となった選りすぐりの新旧の名曲を歌い上げた会心のステージとなったため、そんなファンから寄せられた無数の熱い声に背中を押され、映像化の検討を昨年末より検討。晴れて今回の作品化が実現する運びとなりました。

 毎回さまざまな企画で趣向を凝らしたステージを行なっている桑田佳祐のAAAコンサートですが、横浜パシフィコで開催するのも今回で、すでに12回を数えることとなります。このAAAコンサートが映像化されるのは、1996年に行なわれ翌年発売された『夷撫悶汰(いヴもんた)レイト・ショー〜長距離歌手の孤独 in Jazz Cafe〜』、2008年に行なわれやはり翌年発売となった『昭和八十三年度! ひとり紅白歌合戦』に続き三回目のこと。今回ももちろんAAAの精神の則り、過去二度の映像化同様、作品の収益金は、AAA事務局(www.actagainstaids.com)を通じてさまざまなエイズ啓発活動に使用されます。



■3月12日(水)発売
桑田佳祐
『昭和八十八年度! 第二回ひとり紅白歌合戦』


[Blu-ray]
VIXL-600 税込7,350円

[DVD]
2枚組 VIBL-1200〜1201 税込7,000円

※全55曲完全収録
※全編完全オリジナル編集
※全曲歌詞字幕ON / OFF機能付き
※ミニポスター封入
※Blu-ray高音質(96kHz24bit)収録


【初回プレス仕様 / Blu-ray、DVD共通】
・シルバースリーブケース付
・未公開ライヴ写真による、ダブルジャケット仕様

※この作品の収益金の一部は、AAA事務局を通じてさまざまなエイズ啓発活動に使用されます。

[収録曲]
01. 東京ラプソディ / 藤山一郎(1936)
02. 銀座カンカン娘 / 高峰秀子(1949)
03. 銀河のロマンス / ザ・タイガース(1968)
04. 虹色の湖 / 中村晃子(1967)
05. スワンの涙 / オックス(1968)
06. 涙の季節 / ピンキーとキラーズ(1969)
07. 小さなスナック / パープル・シャドウズ(1968)
08. 涙のかわくまで / 西田佐知子(1967)
09. エメラルドの伝説 / ザ・テンプターズ(1968)
10. 京都の恋 / 渚ゆう子(1970)
11. 若者たち / ザ・ブロードサイド・フォー(1966)
12. この広い野原いっぱい / 森山良子(1967)
13. 風 / はしだのりひことシューベルツ(1969)
14. なごり雪 / イルカ(1974)
15. 22才の別れ / 風(1975)
16. わかれうた / 中島みゆき(1977)
17. I LOVE YOU / 尾崎豊(1991)
18. 恋におちて -Fall in love- / 小林明子(1985)
19. リバーサイドホテル / 井上陽水(1982)
20. 桃色吐息 / 盒郷人子(1984)
21. 遠く遠く / 槇原敬之(1992)
22. 春よ、来い / 松任谷由実(1994)
23. グッド・ナイト・ベイビー / ザ・キング・トーンズ(1968)
24. 小指の想い出 / 伊東ゆかり(1967)
25. 星のフラメンコ / 西郷輝彦(1966)
26. 太陽がくれた季節 / 青い三角定規(1972)
27. 傷だらけのローラ / 西城秀樹(1974)
28. 手紙 / 由紀さおり(1970)
29. 港町ブルース / 森進一(1969)
30. 恋の奴隷 / 奥村チヨ(1969)
31. シクラメンのかほり / 布施明(1975)
32. みずいろの手紙 / あべ静江(1973)
33. 東京砂漠〜おいしい秘密 / 内山田洋とクール・ファイブ〜桑田佳祐(1976 / 2013)
34. 北の宿から / 都はるみ(1975)
35. 見上げてごらん夜の星を / 坂本九(1963)
36. 喝采 / ちあきなおみ(1972)
37. ドリフメドレー / ザ・ドリフターズ
〜チョットだけョ!全員集合(1973)
〜ドリフのズンドコ節(1969)
〜ドリフのビバノン音頭(1973)
38. Jupiter / 平原綾香(2003)
39. カブトムシ / aiko(1999)
40. ありがとう / いきものがかり(2010)
41. イージュー★ライダー / 奥田民生(1996)
42. やさしくなりたい / 斉藤和義(2011)
43. 六本木心中 / アン・ルイス(1984)
44. TOKIO / 沢田研二(1980)
45. なんてったってアイドル / 小泉今日子(1985)
46. 男の子女の子 / 郷ひろみ(1972)
47. どうにもとまらない / 山本リンダ(1972)
48. Born This Way〜東京五輪音頭〜Born This Way / レディ・ガガ / 三波春夫(2011 / 1964)
49. SOMEDAY / 佐野元春(1981)
50. ひだまりの詩 / Le Couple(1997)
51. アンパンマンのマーチ / ドリーミング(1988)
52. 愛のさざなみ / 島倉千代子(1968)
53. 帰ろかな / 北島三郎(1965)
54. 川の流れのように / 美空ひばり(1989)
55. 笑って許して / 和田アキ子(1970)
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] KAITO もう一回自分を“ここ”に戻してくれた音楽たち[インタビュー] ケイコ・リーが70〜80年代洋楽ヒットなどを歌う
[インタビュー] 日本のパンク・シーンに登場してから35年! 今も走り続けるNICKEYがベスト盤とミニ・アルバムを発表[インタビュー] 進化するKIRINJI “シティ・ポップ”で“夜の匂い”のする14thアルバム
[インタビュー] Carpainter ジャパニーズ・テクノへの懐古と再構[インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作
[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス
[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌
[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽[特集] 1日だけのポイントカラーを楽しむ毛髪着色料「PAF 1-day hair tint」×ファッション・アイコン「lol」が盛り上げる「特別な1日」
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015