ニュース

ロンドン交響楽団の首席打楽器奏者たちによるアンサンブルが来日公演を開催

ロンドン交響楽団(London Symphony Orchestra)   2018/01/12 12:51掲載
はてなブックマークに追加
ロンドン交響楽団の首席打楽器奏者たちによるアンサンブルが来日公演を開催
 現代屈指のオーケストラのひとつであるロンドン交響楽団(LSO)の首席打楽器奏者たちによるアンサンブル“ロンドン交響楽団パーカッション・アンサンブル”が、3月6日(火)に東京・初台 東京オペラシティ コンサートホール、3月8日(木)に大阪・ザ・シンフォニーホールでコンサートを開催。

 ロンドン交響楽団パーカッション・アンサンブルは、LSOの首席打楽器奏者たちと、ピアニスト、コントラバスから構成されています。ニール・パーシー(Neil Percy)、デイヴィッド・ジャクソン(David Jackson)、サム・ウォルトン(Sam Walton)の3人は、近年のLSOの来日公演でもおなじみの首席メンバーです。さらに、いずれも特に英国で知られる名手のジョゼフ・ハブラット(Joseph Havlat)がピアノ、サイモン・キャリントン(Simon Carrington)がコントラバスで、3人を支えます。

 曲目は、スティーヴ・ライヒ(Steve Reich)やジョン・アダムズ(John Adams)らミニマル・ミュージックの旗手たちによる“パルス的快感”が得られる作品や、小曽根 真チック・コリア(Chick Corea)らのジャズ作品などが予定されています。

ロンドン交響楽団パーカッション・アンサンブル 来日公演

2018年3月6日(火)
東京 初台 東京オペラシティ コンサートホール
19:00開演
www.kajimotomusic.com/jp/concert/k=655

2018年3月8日(木)
大阪 ザ・シンフォニーホール
19:00開演
www.symphonyhall.jp/?post_type=schedule&p=10692

[出演]
ロンドン交響楽団パーカッション・アンサンブル

[曲目]
ジョー・ロック: Her Sanctuary
小曽根真 / S.カリントン編: Kato's Revenge
ジョン・アダムズ: ロール・オーバー・ベートーヴェン
チック・コリア / S.カリントン編: デュエット組曲
スティーヴ・ライヒ: 木片のための音楽
スティーヴ・ライヒ: 六重奏曲
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 自己の確立とムードの追求――KIKUMARU『711』[インタビュー] 自分たちのリアルなドラマをそのまま曲にする ゆるふわギャング『Mars Ice House II』
[インタビュー] セルフカヴァーとバンド・アレンジが占める“みなさんのおかげ”で生まれたアルバム 町あかり『収穫祭!』[特集] やなぎなぎ×Tom-H@ck 「ファイブキングダム―偽りの王国―」主題歌にて初コラボ実現
[特集] 全209タイトル発売「ULTRA-VYBE presents 名盤1000円シリーズ」[インタビュー] 宮下遊とseeeeecunによるフレッシュなケミストリー Doctrine Doctrine
[インタビュー] 最高の素材と料理人から生まれた“変な曲” レイザーラモンRG「いただきます」[インタビュー] “こんなにおいしくできちゃった!”料理と音楽を届けるフリージャズ+ポップス・バンドcooking songsの『Curry Rice』
[インタビュー] 泣けるより笑える方がいい。MC KHAZZ & DJ HIGHSCHOOL『I’M YA BOY』[インタビュー] 歌に直結する心 ネーネーズの新たな出発点『MAPAI』
[インタビュー] 役者として、歌手としての進化 水谷果穂「君のステージへ」[インタビュー] 「でもしょうがないんだよね」と言ってほしい。言ってあげたい――ヒグチアイの“らしさ”が詰まった『日々凛々』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015