ニュース

〈Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN 2016〉にマーカス・ミラーの出演が決定

マーカス・ミラー(Marcus Miller)   2016/07/11 12:44掲載
はてなブックマークに追加
〈Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN 2016〉にマーカス・ミラーの出演が決定
 9月17日(土)神奈川・横浜 赤レンガ野外特設ステージにて開催される、ジャズ・フェスティヴァル〈Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN〉に、マーカス・ミラー(Mercus Miller)の出演が決定しました。

 夏のニューヨークの風物詩〈Blue Note JAZZ FESTIVAL〉。ジャズのスピリットを持ったアーティストがニューヨークのさまざまなクラブやホールで1ヵ月にわたりライヴを繰り広げるこのフェスティヴァルが、昨年に引き続き1日限りの野外フェスに形を変えて、〈Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN〉として開催されます。

 第3弾出演アーティストとして発表されたマーカス・ミラーは、コンテンポラリー・ジャズ / ブラック・ミュージックのスター・ベーシスト。10代の頃からNYの音楽シーンで活動し、マイルス・デイヴィス『TUTU』デヴィッド・サンボーン『ストレイト・トゥ・ザ・ハート』など、数々のベスト・セラーに貢献。2012年にはユネスコの平和芸術家に任命されました。近作『アフロディジア』では、ロバート・グラスパーレイラ・ハサウェイらを迎えてブラック・ミュージックのルーツを探求し、プロデューサー、ソングライターとしても時代を牽引し続けるカリスマ・アーティストの登場に期待が高まります。

Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN 2016
bluenotejazzfestival.jp

2016年9月17日(土)
神奈川 横浜 赤レンガ野外特設ステージ
開場 11:00 / 開演 12:00
S指定席 26,000円(税込 / 特典あり)
A指定席 19,000円(税込)
スタンディング 10,800円(税込)
一般発売: 2016年7月16日(土)〜


[出演]
アース・ウインド&ファイヤー / ジョージ・ベンソン / アンドラ・デイ / ゴーゴー・ペンギン / マーカス・ミラー ほか
※タイムテーブルは後日発表
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015