ニュース

マリリン・マンソン、通算11枚目のアルバム『WE ARE CHAOS』を9月に発表

マリリン・マンソン   2020/07/30 13:44掲載
はてなブックマークに追加
マリリン・マンソン、通算11枚目のアルバム『WE ARE CHAOS』を9月に発表
 マリリン・マンソン(Marilyn Manson)が、通算11枚目のアルバム『WE ARE CHAOS』(CD UICB-10001 2,500円 + 税)を9月11日(金)に発表します。アルバムからタイトル・トラックの「WE ARE CHAOS」がリリースされ、ミュージック・ビデオが公開中。このビデオを製作したのは、米カリフォルニア州出身のイラストレーター / 写真家で、これまでにメタリカルー・リードピーター・ガブリエルU2などのMVを手がけてきたマット・マハリンです。

 アルバムはカントリー系のシンガー・ソングライター、シューター・ジェニングスとの共同プロデュースで制作され、コロナ禍の前に完成していたとのこと。マンソンとジェニングスは、2016年に発売されたジョルジオ・モロダーのトリビュート・アルバム『Countach(For Giorgio)』でコラボレーションし、映画『キャット・ピープル』の主題歌でデヴィッド・ボウイが歌った「Cat People (Putting Out Fire) 」をカヴァーしています。

[コメント]
今『WE ARE CHAOS』を聞くと、まるでつい昨日やったばかりのような、この世界はまったく同じことを繰り返しているような感じがする。いつものことだが、タイトル曲や物語を作ると、あたかも今日書きあげたような気分になる。 この作品はレコーディングが終わるまで誰にも聞かせなかった。従来的な意味でA面とB面があるのは間違いない。だが、ちょうどLPのように、こいつは平たい円盤だ。歌が織りなす絵にパズルの最後のピースをはめ込むのはリスナーだ。このコンセプト・アルバムはシューターと俺がリスナーのために創り上げた鏡だ。自らのぞき込むことのない鏡だ。部屋に、クローゼットに、金庫もあって、そして引き出しもふんだんにある。だが魂の内部、いや、自分の記憶の博物館で一番恐ろしいのは常に鏡だ。この作品の歌詞を書いていた頃、俺の手には切れ切れになった亡霊たちがしょっちゅう憑りついていた。レコードを作りながら、念じ続けたんだ。“狂気を抑えろ、スーツを繕え。自分が獣でないふりをしろ”。だが人間こそが最悪のものだというのは承知していた。慈悲をもたらすことは殺人を犯すこと。涙とは人間の肉体で最大の輸出品だ。
――マリリン・マンソン

Photo by Perou


最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 50/50[インタビュー] 杏沙子
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015