ニュース

カルロス・アギーレ、キケ・シネシとも共演する打楽器奏者マルティン・ブルンが新作を発表

マルティン・ブルン   2021/06/21 13:04掲載
はてなブックマークに追加
 カルロス・アギーレキケ・シネシナタリア・ラフォルカデらと共演してきたアルゼンチン出身の打楽器奏者マルティン・ブルン(Martin Bruhn)が、3rdアルバム『ピカフロール』を7月24日(土)に発表します。

 バリオ・リンドとエル・ブオのレーベル「Shika Shika」からリリースされるこのアルバムのベースにあるのは、山岳フォルクローレ「ワイノ」の偉大な先人たちへのオマージュ。同時に、アンティバラスやダップトーン以降の生音フロア・モード、エチオピアやニューオーリンズとも共振しそうな祝祭ムード、アルゼンチン音楽ならではのクロスオーバーなど、さまざまな要素が見え隠れした作品に仕上がっています。

 アルバム・タイトルの『ピカフロール』とは、フォルクローレでもしばしば歌われる、南米でもっともポピュラーな小鳥「ハチドリ」のことです。

 マルティン・ブルンは「賛辞、オマージュ、献辞、何とでも言えますが、私はこのアルバムを祝典と考えたいのです。『ピカフロール』は、単純に音楽的な類似性を探すだけではなく、その先を目指しています。ある種の音の美学、オーケストラのオリジナリティ、そしてこの音楽の偉大なシンプルさに敬意を表しています。これは、偉大な人々への頌歌なのです。ピカフロール・デ・ロス・アンデス、フロール・プカリナ、ゼノビオ・ダーニャ、アセス・デ・フアンカヨ・オーケストラ、チャーリー・デ・ラ・クルス・パロミーノ、そして私が知らない多くの人たち。ようするに、このアルバムは、私自身のカーニバルをつねに探し求めていることを表しています」とコメントしています。




最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
[インタビュー] マチュー・ボガート  パリからロンドンに拠点を移し、“新しい絵の具”を使って作られた英詞アルバム[インタビュー] 人気女性ピアノYouTuberが“天空”にまつわる楽曲を弾いた煌めきの新作 朝香智子
[インタビュー] デビュー35周年の豪華シングル 西方裕之[インタビュー] パット・メセニー 新作はクラシック! 室内楽作曲家デビューを果たした『Road to the Sun』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015