ニュース

映画「猫が教えてくれたこと」トークショー付き試写会開催 松江哲明、沖昌之が登壇

松江哲明   2017/11/10 14:33掲載
はてなブックマークに追加
映画「猫が教えてくれたこと」トークショー付き試写会開催 松江哲明、沖昌之が登壇
 トルコの古都・イスタンブールで暮らす野良猫たちと街の人々との関係を捉えたドキュメンタリー映画「猫が教えてくれたこと」が2017年11月18日(土)より、東京 シネスイッチ銀座ほか全国で順次公開。封切を間近に控え、本作のトークショー付き試写会が、11月9日に都内で開催され、『あんにょん由美香』『ライブテープ』などで知られるドキュメンタリー監督の松江哲明と「ぶさにゃん」「必死すぎる猫」などの写真集を発表している“猫写真家”沖 昌之が登壇しました。

 自身も猫好きだという松江は「実は猫を飼い始めてから、猫映画に違和感を覚えるようになったんです。例えば、猫を擬人化して人の気持ちを代弁させたり、アクションさせたり……だって猫はそんなことできませんから(笑)。僕の猫も優しいからではなく寒いから近寄ってきて、暑かったらどっか行くし、僕が甘えてお腹にばふっといったら我慢してくれたり、嫌な時は逃げるし、僕はその関係が好きなので、猫がこんなに自由な映画ってなかなかないなと思いました」と作品の魅力についてコメント。また、沖は「猫たちがカメラを寄せても自然に歩いていて、街にたくさん人がいても自分の道路ですよと言わんばかりに猫が歩いていて、街の人々も猫がいて当然で、猫も人という哺乳類がいて当然、危害も加えないしフレンドリーなんだという関係性が作品から伝わったし、猫を通してイスタンブールの人々の優しさが垣間見れました」と語りました。

 その後、沖が猫の撮影方法をレクチャー。「まずは景色と猫を俯瞰で撮る。そうやっているうちに猫は撮られることに飽きてしまうので他の子に行きます。そのあと戻ってくると、毛づくろいしたり状態が変わってる。動く前は必ず伸びをして、腕立て伏せみたいになって、最終的にどこかに飛び降りる場合は必ず降りる方を見ます。だから顔にピントを合わせて待ち構える。ポイントは常に先を読むこと。1秒2秒先の猫の行動を読んでシャッターを切ると“いいね”がたくさんつく写真が撮れますよ」と説明し会場を沸かせました。



「猫が教えてくれたこと」
2017年11月18日(土)より、東京 シネスイッチ銀座ほか全国で順次公開
neko-eiga.com

監督: ジェイダ・トルン
製作: ジェイダ・トルン / チャーリー・ウッパーマン
配給: アンプラグド


©2016 Nine Cats LLC
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM[インタビュー] “歌がうたえればそれでいい”って思えるわたしでありたい 山崎あおい『FLAT』
[インタビュー] クラシック音楽と人々、作曲家と現代人を“つなげる”清塚信也の最新アルバム『connect』[インタビュー] “HIP HOPミーツallグッド何か”の現在地点――サイプレス上野とロベルト吉野『ドリーム銀座』
[インタビュー] また一歩“最終形態”へと近づいた――KOYAN MUSIC『No Border』[インタビュー] 元キャロル内海利勝 10年ぶりのソロ・フル・アルバム完成!
[インタビュー] NHK大河ドラマ『西郷どん』の劇中歌で話題 奄美生まれのシンガー、城 南海が全国ツアーを開催[インタビュー] 挾間美帆がm_unitと描く三部作完結編『ダンサー・イン・ノーホエア』
[インタビュー] 自分には音楽がある KID FRESINO『ài qíng』全曲解説[インタビュー] 人間として、自分に何が出来るか 5lack『KESHIKI』
[インタビュー] 結成20周年を迎えたサックス・アンサンブルの先駆者 ――サキソフォビア『ノクターン』[インタビュー] 主人公の輪郭を求めているのかもしれない 中村雅俊、通算55枚目のシングル「だろう!!」
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015