ニュース

ムーンチャイルド、ニュー・アルバム『LITTLE GHOST』を発表

ムーンチャイルド(US / Neo Soul)(MOONCHILD)   2019/07/22 14:38掲載
はてなブックマークに追加
ムーンチャイルド、ニュー・アルバム『LITTLE GHOST』を発表
 タイラー・ザ・クリエイターロバート・グラスパーらが絶賛する、3人のマルチ・プレイヤーからなる米ロサンゼルスのユニット、ムーンチャイルド(MOONDHILD)がニュー・アルバム『LITTLE GHOST』(CD BRC-612 2,200円 + 税)を9月6日(金)にリリース。収録曲「Too Much to Ask」が公開されています。

 公開された「Too Much to Ask」でのアンバー・ナヴランの歌声は、電子ピアノのフレーズと、ギターとウクレレが奏でる魅惑的な音に織り交ぜられ、純真な響きを生み出しています。ここで聴けるサウンドについて、アンドリス・マットソンは、「2017年の夏の間、ボン・イヴェールのアルバム『22、ア・ミリオン』のサウンドがずっと頭から離れなかった。彼らは、アコースティック楽器にシンセサイザーの電子音を加えたものを多用していた。その音の質感が、自分にとってはすごく刺激的で、こういうのをムーンチャイルドの次回作で追求してみたいと思ったんだ」とコメントしています。

 ソウルと現代的ジャズを合わせた独自のスタイルによってロサンゼルスの音楽シーンでの地位を固めたムーンチャイルドは、新作で、壮大できらめくようなメロディとハーモニー、そして魅惑的な間奏を実現させました。演奏面では、メンバーが一体となってハーモニーを奏でたり、それぞれが管楽器を演奏したりしており、ファンク・ミュージックをベースにした「Come Over」では、マックス・ブリックがクラリネット、マットソンがフリューゲルホルン、ナヴランがフルートを吹きました。また、「What You're Doing」を引き合いに、ブリックはメンバーの共作の過程について、「この曲を作るにあたって全員が参加しているという点が、とても気に入ってる。僕がヴァースを作って、アンバーがコーラスを書いた。さらにアンドリスがうってつけなイントロとエンディングを用意して、そしてバンドとしてブリッジを作り上げたんだ」と語っています。



■2019年9月6日(金)発売
ムーンチャイルド
『LITTLE GHOST』

CD BRC-612 2,200円 + 税

[収録曲]
01. Wise Women
02. Too Much to Ask
03. The Other Side
04. Sweet Love
05. Strength
06. Everything I Need
07. Money
08. Nova
09. Get To Know It
10. What You’re Doing
11. Come Over
12. Onto Me
13. Whistling
14. Still Wonder
15. Everything I Need(Instrumental)
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作[インタビュー] 第2番の協奏曲には“青年ベートーヴェン”の力強さがみなぎっている――ピアニスト児玉麻里、〈東芝グランドコンサート2020〉に出演
[インタビュー] ZOC “共犯者”大森靖子が仕掛ける超個性派アイドル・グループ[インタビュー] スイーツ大好きアイドル♥ 甘党男子が甘〜く登場
[インタビュー] INORAN LUNA SEAの新作と同時進行で制作した約3年ぶりのソロ・アルバム[インタビュー] 上原ひろみ、ニュアンス豊かな“色彩”に満ちた10年ぶりのソロ・ピアノ・アルバム『Spectrum』を発表
[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【後編】福間洸太朗、藤田真央インタビュー[インタビュー] 東京1夜かぎりのクアトロ公演に加え、朝霧JAMにも出演! ホットハウス・フラワーズのリアム・オ・メンリィが語る、今も続く音楽の女神との会話
[インタビュー] トーキョーキラー センスと個性をあわせ持ったプレイヤーが自由奔放に音をぶつけ合う極上のインスト・アルバム[インタビュー] 「関ジャニ∞の仕分け」でもおなじみのピアニスト、ジェイコブ・コーラーが奏でるお気に入りの日本のメロディ
[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【前編】河村尚子、金子三勇士インタビュー[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015