ニュース

ムーンチャイルド、ニュー・アルバム『LITTLE GHOST』を発表

ムーンチャイルド(US / Neo Soul)(MOONCHILD)   2019/07/22 14:38掲載
はてなブックマークに追加
ムーンチャイルド、ニュー・アルバム『LITTLE GHOST』を発表
 タイラー・ザ・クリエイターロバート・グラスパーらが絶賛する、3人のマルチ・プレイヤーからなる米ロサンゼルスのユニット、ムーンチャイルド(MOONDHILD)がニュー・アルバム『LITTLE GHOST』(CD BRC-612 2,200円 + 税)を9月6日(金)にリリース。収録曲「Too Much to Ask」が公開されています。

 公開された「Too Much to Ask」でのアンバー・ナヴランの歌声は、電子ピアノのフレーズと、ギターとウクレレが奏でる魅惑的な音に織り交ぜられ、純真な響きを生み出しています。ここで聴けるサウンドについて、アンドリス・マットソンは、「2017年の夏の間、ボン・イヴェールのアルバム『22、ア・ミリオン』のサウンドがずっと頭から離れなかった。彼らは、アコースティック楽器にシンセサイザーの電子音を加えたものを多用していた。その音の質感が、自分にとってはすごく刺激的で、こういうのをムーンチャイルドの次回作で追求してみたいと思ったんだ」とコメントしています。

 ソウルと現代的ジャズを合わせた独自のスタイルによってロサンゼルスの音楽シーンでの地位を固めたムーンチャイルドは、新作で、壮大できらめくようなメロディとハーモニー、そして魅惑的な間奏を実現させました。演奏面では、メンバーが一体となってハーモニーを奏でたり、それぞれが管楽器を演奏したりしており、ファンク・ミュージックをベースにした「Come Over」では、マックス・ブリックがクラリネット、マットソンがフリューゲルホルン、ナヴランがフルートを吹きました。また、「What You're Doing」を引き合いに、ブリックはメンバーの共作の過程について、「この曲を作るにあたって全員が参加しているという点が、とても気に入ってる。僕がヴァースを作って、アンバーがコーラスを書いた。さらにアンドリスがうってつけなイントロとエンディングを用意して、そしてバンドとしてブリッジを作り上げたんだ」と語っています。



■2019年9月6日(金)発売
ムーンチャイルド
『LITTLE GHOST』

CD BRC-612 2,200円 + 税

[収録曲]
01. Wise Women
02. Too Much to Ask
03. The Other Side
04. Sweet Love
05. Strength
06. Everything I Need
07. Money
08. Nova
09. Get To Know It
10. What You’re Doing
11. Come Over
12. Onto Me
13. Whistling
14. Still Wonder
15. Everything I Need(Instrumental)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』
[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表
[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ
[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集
[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー
[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015