ニュース

中島みゆき、NHK朝ドラ主題歌「麦の唄」のシングルCDをリリース

中島みゆき   2014/08/06 15:49掲載
はてなブックマークに追加
中島みゆき、NHK朝ドラ主題歌「麦の唄」のシングルCDをリリース
 昨年リリースのシングル・コレクション第4弾『十二単〜Singles 4〜』が好評の中島みゆき。9月29日(月)よりスタートするNHK連続テレビ小説「マッサン」の主題歌に決定している新曲「麦の唄」が、44枚目のオリジナル・シングル(YCCW-30041 1,000円 + 税)として10月29日(水)に発売。カップリング曲として、ももいろクローバーZに提供した「泣いてもいいんだよ」のセルフ・カヴァーも収録予定。

 日本のウィスキー誕生を支えた夫婦の奮闘記を描いた「マッサン」のために書き下ろされた「麦の唄」は、遠いスコットランドの地に思いを馳せるようにバグパイプの調べから始まり、やがて苦しい時代を生き抜いた日本人への応援歌の如く力強く響き、物語に寄り添う仕上がり。今週からドラマと共に、中島みゆきの優しく力強い歌声が日々日本中へ届けられることになりそう。

 カップリング曲として収められる「泣いてもいいんだよ」の中島みゆき自身によるヴァージョンは、昨年デビューしたばかりのガールズ・バンド“たんこぶちん”をバック・コーラスに起用。彼女たちの元気な歌声にも注目の楽曲です。

 シングル発売と同日の10月29日には、2012年から2013年にかけて行なわれたコンサート・ツアーの模様を収録したライヴCDも同時発売。90年代のミリオンヒット曲「空と君にあいだに」、「NEWS 23」エンディング・テーマ曲「最後の女神」、ファンに愛され続ける「化粧」「泣きたい夜に」など、名曲の数々をライヴ・ヴァージョンで堪能できます。ボーナス・トラックとして「泣きたい夜に」「倒木の敗者復活戦のライヴ・カラオケ・ヴァージョンも加え、全13曲を収録。また、詳細は未定となってるものの、「麦の唄」を含むオリジナル・アルバムや映像作品のリリースも控えているとのこと。

クリックすると大きな画像が表示されますクリックすると大きな画像が表示されます


■2014年10月29日(水)
中島みゆき
「麦の唄 c / w 泣いてもいいんだよ」

YCCW-30041 1,000円 + 税

[収録曲]
01. 麦の唄
02. 泣いてもいいんだよ
03. 麦の唄(TV-MIX)
04. 泣いてもいいんだよ(TV-MIX)

■2014年10月29日(水)
中島みゆき
『「縁会」2012〜3 -LIVE SELECTION-』

YCCW-10236 2,778円 + 税

[収録曲]
01. 空と君のあいだに
02. 最後の女神 
03. 化粧 
04. 3分後に捨ててもいい(Inst.)
05. 真直な線
06. NIGHT WING
07. 泣きたい夜に 
08. 倒木の敗者復活戦 
09. 月はそこにいる 
10. パラダイス・カフェ
11. ヘッドライト・テールライト
(bonus track)
12. 泣きたい夜に(ライブ・カラオケ・バージョン)
13. 倒木の敗者復活戦(ライブ・カラオケ・バージョン)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 「家族ができてすべてが変わった」結婚、子供、生活。激動の7年間を過ごしたT2Kが待望の新作を発表[インタビュー] ハミ出し者の生き様――DOGMA x LORD 8ERZ『DROPOUT SIDING』
[インタビュー] なんもないけどなんかある 踊Foot Works『GOKOH』[インタビュー] 心の拠り所となるものをみつけて、信じる気持ちが大切――聴き手の心を導く“光”となるキャサリン・ジェンキンスの最新作
[インタビュー] 地下アイドル卒業とメジャー・デビュー――『パノラマ街道まっしぐら』を巡る姫乃たまの現在[インタビュー] “グレート・アメリカン・ソングブック + スパイス・ガールズ” ローレン・デスバーグの普遍的魅力
[インタビュー] “豊かさ”を思い出させる音楽 児玉奈央『IN YOUR BOX』[インタビュー] ジャズ・ギタリスト小沼ようすけが追求する、生き方とマッチした音楽“Jam Ka”
[インタビュー] どんどん上がっていくイメージをキープしていたい――ラフィンノーズが“ニュー・アルバム”『NEGATIVE』を2作同時リリース[インタビュー] 最新の挑発――Ramza『sabo』
[インタビュー] “知らない土地でノーバディになれた” 解き放たれたインプロヴィゼーション――ハクエイ・キム『カンヴァセーションズ・イン・パリ』[インタビュー] フレッシュな気持ちとユーモアをもって音楽に接する 高田 漣『FRESH』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015