ニュース

Negicco「恋のEXPRESS TRAIN」発売記念インストア・イベントをレポート!

Negicco   2011/11/04 16:29掲載
はてなブックマークに追加
Negicco「恋のEXPRESS TRAIN」発売記念インストア・イベントをレポート!
 新潟発のアイドル、Negiccoが11月3日、タワーレコードのアイドル・レーベル「T-Palette Records」より11月2日にリリースされた「恋のEXPRESS TRAIN」を記念し、タワーレコード新宿店でインストア・イベントを行ないました!

 メンバーが登場するや、Negiccoと満員状態のオーディエンスの「こんばんネギネギー!」とおなじみの挨拶がタワレコ新宿店内に響き渡る! オーディエンスでびっしりと埋め尽くされたフロアに驚き、嬉しそうな3人。緊張のあまり、曲紹介や立ち位置を間違えるなどしながらも、この夏にT-Palette Recordsよりリリースされた楽曲「ガッター!ガッター!ガッター!」、MCを挟み「GET IT ON!」を披露。いきなり会場の空気をがっちりと掴み、オーディエンスはどんどん増え、イベント・スペースを急遽広げる事態に。

 緊張しすぎて「おなかがぐるぐる」、正露丸を飲んでこのイベントに臨んだというNao☆、独特のゆるめ、かつ巻き込むMCでオーディエンスを笑顔に。彼女たちの夢である武道館ライヴについても語り、Nao☆が「武道館のたまねぎの下で、長ネギを撒き散らそう!」とNegiccoらしいコメントも飛び出す!

 Megが「今年最大の冬ソング! 言っちゃっていいのかな!?」と、新曲「恋のEXPRESS TRAIN」を披露。最後の曲と伝え、惜しむ声があちこち挙がる中、ニュー・シングルのカップリング曲で、すでにファンの間で人気の高い「ニュートリノ・ラヴ」へ。


Negicco

Negicco

Negicco


 オーディエンスより自然発生した「アンコール!ネギ!アンコール!ネギ!」とネギを挟んだアンコールが鳴り響き、その声に応え、急遽「圧倒的なスタイル」が披露。彼女たちの全力のステージにこの日一番の手拍子が響く。終盤にはこの楽曲でおなじみのラインダンスが会場にも波及、完全にステージと会場が一体となり、オーディエンスからの熱い応援が飛び交いました!

 その後、シングル購入者のみ参加できる握手&サイン会&撮影会には長蛇の列ができ、盛りだくさんのイベントはフィナーレ。なお、当日の模様はUstreamで中継が行なわれ、アーカイブも公開中です(www.ustream.tv/recorded/18280700)。

 今後、Negiccoは今後タワーレコード梅田NU茶屋町店やタワーレコード名古屋近鉄パッセ店など各地のタワーレコード、HMVなどでイベントを開催。注目!


Z322008986.jpg


【Negicco セットリスト】
01. ガッター!ガッター!ガッター!
02. GET IT ON!
03. 恋のEXPRESS TRAIN
04. ニュートリノ・ラヴ
EC / 圧倒的なスタイル
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 「家族ができてすべてが変わった」結婚、子供、生活。激動の7年間を過ごしたT2Kが待望の新作を発表[インタビュー] ハミ出し者の生き様――DOGMA x LORD 8ERZ『DROPOUT SIDING』
[インタビュー] なんもないけどなんかある 踊Foot Works『GOKOH』[インタビュー] 心の拠り所となるものをみつけて、信じる気持ちが大切――聴き手の心を導く“光”となるキャサリン・ジェンキンスの最新作
[インタビュー] 地下アイドル卒業とメジャー・デビュー――『パノラマ街道まっしぐら』を巡る姫乃たまの現在[インタビュー] “グレート・アメリカン・ソングブック + スパイス・ガールズ” ローレン・デスバーグの普遍的魅力
[インタビュー] “豊かさ”を思い出させる音楽 児玉奈央『IN YOUR BOX』[インタビュー] ジャズ・ギタリスト小沼ようすけが追求する、生き方とマッチした音楽“Jam Ka”
[インタビュー] どんどん上がっていくイメージをキープしていたい――ラフィンノーズが“ニュー・アルバム”『NEGATIVE』を2作同時リリース[インタビュー] 最新の挑発――Ramza『sabo』
[インタビュー] “知らない土地でノーバディになれた” 解き放たれたインプロヴィゼーション――ハクエイ・キム『カンヴァセーションズ・イン・パリ』[インタビュー] フレッシュな気持ちとユーモアをもって音楽に接する 高田 漣『FRESH』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015