ニュース

12月公開の映画「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」本予告&のんアフレコ映像公開

のん(能年玲奈)   2019/10/10掲載(Last Update:19/12/19 17:44)
はてなブックマークに追加
12月公開の映画「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」本予告&のんアフレコ映像公開
 〈日本アカデミー賞〉最優秀アニメーション作品賞など国内外で70以上の賞を受賞するなど大きな反響を呼んだ『この世界の片隅に』。その作品に新たなエピソードを追加した新作『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』が、12月20日(金)より全国ロードショー。公開に先駆け、本予告映像およびアフレコ&コメント映像が公開されています。

 本作は、国内外で高い評価を受け、2016年の公開から1日も途切れることなく900日以上にわたり上映が続けられている映画『この世界の片隅に』に、原作の魅力的なエピソードの数々をちりばめた新作となっており、主人公・すずを取り巻く人々の“さらにいくつもの人生”がより深く描かれています。

 3年ぶりにすず役を演じたのんは「時を経て、同じ役に挑むことは初めての経験だったので緊張しましたが、スタジオでは監督とリン役の岩井さんと一緒に収録することができたので、すぐにすずを思い出せた気がします。今までのすずさんと違った一面もあるので、面白かったです」と前作との違いについて語り、同じく3年ぶりにリンを演じた岩井七世は、「このような形でまた映画館で上映されるということで、本当に最良の形だと思いますし、台本と絵コンテが送られてきたときは、“やっとだ”という思いから涙が出ました」と感慨深いコメントを寄せています。

 このたび公開された予告映像では、すずが描いた“あいすくりいむ”や“ハッカ糖”、“わらび餅”などお菓子の絵について、リンと楽しそうに笑い合う場面や満開の桜の木を背に語り合う場面に加え、前作では描かれなかった、周作を巡るすずとリンの関係性も垣間見えるシーンなど、2人の“こころの交流”が描かれています。


©2019こうの史代・双葉社 / 「この世界の片隅に」製作委員会

「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」
2019年12月20日(金)より東京 テアトル新宿、東京 渋谷ユーロスペースほか全国公開
ikutsumono-katasumini.jp
配給: 東京テアトル
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分
[インタビュー] 寺井尚子、“ジャズ・ヴァイオリンの女王”による多彩なナンバーで、新たな世界が花開く[インタビュー] 宮本笑里、初の自作オリジナル楽曲中心のミニ・アルバム『Life』を発表
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015