ニュース

ワン・デイ・アズ・ア・ライオン、フジロックでの来日に先駆け、LAにてウォーミングアップ・ギグを緊急決行!

ワン・デイ・アズ・ア・ライオン   2010/07/22 20:31掲載
はてなブックマークに追加
 レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンの“闘う声”、ザック・デ・ラ・ロッチャが、元マーズ・ヴォルタの超絶ドラマー、ジョン・セオドアと発動させたプロジェクト、ワン・デイ・アズ・ア・ライオン(One Day As A Lion)

 世界初のワールド・プレミア・ライヴの場としてここ日本の<フジロックフェスティバル'10>での公演が予定されている彼らが、フジロックへのウォーミング・アップ・ギグを、7月17日&18日にポモナとLAにて緊急決行しました。

 ライヴ実施が発表されたのは7月12日、そしてその週末の2日間にライヴ決行という、“超”緊急っぷりで行なわれたこのステージ。7月17日のポモナ公演はなんとキャパ80人、翌日18日のLA公演もわずか200人という激レア・ライヴとなりました。

 サポートのキーボード・プレイヤーとして、ノイズ・アート集団、ロカストのジョーイ・カラムを迎えた3人編成でステージに立ったワン・デイ・アズ・ア・ライオンは、初日には新曲を含む計9曲(約40分)を披露。また、翌LA公演では、オーディエンスの中にレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのトム・モレロ(g)の姿もあったというから驚きです。

 オープニング「オーシャン・ビュー」から強烈なエネルギーが爆発、ザックはステージ上を所狭しとジャンプを繰り返しながら弾丸ラップを浴びせ、またジョン・セオドアの超絶ドラミングは、時にハードコア、時にフリー・ジャズのように変幻自在にリズムを操り、シャープで雄々しいものだっとのこと。

 また披露された新曲の中には、ボブ・マーリィを彷彿させるような新機軸のものがあったり、ステージ上ではザックが時折笑顔を見せることもあったそうで、レイジ〜のそれとは明らかに異なるものだったことが想像されます。 

 2010年年末にはニュー・アルバムの発売が予定されているというワン・デイ・アズ・ア・ライオン。一足前にその全容を体験できるフジロックは来週開催です。さらに(LAでのライヴに負けず劣らずの)激レア単独公演を予定されていますので、お見逃しなく!


ワン・デイ・アズ・ア・ライオン


ワン・デイ・アズ・ア・ライオン
Photo by RobbieLloyd
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] さらに成長をとげた2nd EPをリリース、鞘師里保[インタビュー] 和田彩花、全作詞とアートワークを手掛けたアルバム完成
[特集] 『マッカートニー 3,2,1』ポール・マッカートニーがこれまでの音楽活動をリック・ルービンと語るドキュメンタリー[インタビュー] デビュー20周年のジャズ・ヴォーカリスト、待望の新曲をリリース Shiho
[インタビュー] BeatleDNA、ビートルズへの思いがあふれる人気シリーズが完結 制作担当者が語る実現までの笑いと涙[インタビュー] 西から上がるロックンロール新時代の狼煙、THE PERRY
[インタビュー] 山中千尋、レコード・デビュー20周年を記念して、新録を含むバラード・ベスト・アルバムを発表[インタビュー] 佐藤浩市、キャリア初のヴォーカル・アルバムは豪華ゲストを迎えた無観客ライヴ
[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015