ニュース

ワン・ダイレクション、ジャパン・ツアーの追加公演が決定

ワン・ダイレクション   2014/11/20 15:23掲載
はてなブックマークに追加
ワン・ダイレクション、ジャパン・ツアーの追加公演が決定
 現在オンエア中のNTTドコモ「U25応援計画」TV-CMでも話題のワン・ダイレクション(One Direction / 1D)。ニュー・アルバム『フォー』発売を記念し、即完となっていたジャパン・ツアー〈On The Road Again Tour 2015〉の追加公演を発表。日程は2015年3月2日(月)、さいたまスーパーアリーナで行なわれ、12月1日(月)よりクリエイティブマン会員の先行予約(www.creativeman.co.jp/artist/2015/02onedirection)がスタートします。

 1Dは17日、18日の2日間にわたり、アメリカ・フロリダ州のアミューズメント・テーマパーク「ユニバーサル・オーランド・リゾート」で過去最大級のファン・イベント〈One Direction in Orlando〉を開催。日本含め、世界約30ヵ国からファンを招待し、ここでしか体験できないスペシャル・パフォーマンス、彼らの楽曲を使用したジェット・コースターなど、さまざまなアトラクションとショーでファンを魅了しました。

 初日には、アメリカの人気番組『TODAY SHOW』に公開生出演し計6曲を披露、早朝にも関わらずユニバーサル・オーランド・リゾートには約17,000人ものファンが殺到したとか。同日の夜、今年行なった過去最大のワールド・スタジアム・ツアーの未公開映像を上映した劇場には突如、メンバーのハリーとリアムがサプライズで生登場。続く2日目は1Dの等身大パネルなどと一緒に写真を撮って指定のハッシュタグで投稿できる「ファン・ゾーン」にもメンバーが登場。また、Q&Aイベントでは日本からの質問に、「日本は人も食べ物も日本語も大好き。ガンバリマース! アリガトウゴザイマス!」と日本語で答える場面も。その後、ユニバーサル・オーランド・リゾート内にある湖上での豪華ショーを経て、閉館後の屋外ステージでは、わずか約3,000人のファンを招待しプレミアム・ライヴを開催するなど、歓喜と熱狂が渦巻くイベントとなった模様。

 1Dはアルバム『FOUR』について、「このアルバムの制作に取りかかった当初から、僕たちはこれまでの作品の中で最も自信のあるアルバムにしてやろうと誓ったんだ。そして僕は心の底からそれが達成出来たと思っている。毎晩ライヴが終わってからのレコーディングだったけど、楽しく充実したものだったよ」(ルイ)、「僕たちは今まで以上に曲作りに大きく携わっている。実際、今回のアルバムのほとんどの曲は僕たち自身が書いたものなんだ。とても嬉しいよ」(リアム)、「年齢とともに音楽も成長するように努力した。このアルバムでそれが出来ていればいいね」(ゼイン)、「自分たちらしさは出てると思う。それぞれの等身大の姿が。全員、前作のサウンドを気に入ってたから今回は少し前進や成長を見せつつ、その延長のようにしたかった。極端には変わってないけど成長を感じられるのがうれしい。サウンドが力強くて、より大きく感じる。皆、凄く満足してるよ。一番誇りに思うアルバムになったね」(ハリー)、「本当に今回のアルバム『FOUR』の楽曲はどれもクオリティが高いっていう自信があるし、特に歌詞の面では、ファンのみんながとても感情移入出来るものになっていると思う。今作はとても特別なアルバムになった。個人的には今までで一番のお気に入りだよ」(ナイル)と、それぞれ強い自信をコメント。

 来年のツアーに関しても、「今年はスタジアム・ツアーをやりながらライヴでどう聴こえるのかを想像しながら曲を書いたから、ツアー向けのアルバムになったと思う」(ハリー)、「このアルバムを制作した時、スタジアムのステージを想定したんだ。みんなで一緒になって歌えることを想像しながら作ったんだけど、それこそが僕たちが常に目指していることなんだ。ステージ上でファンが歌ってくれるのを目の当たりにするというのは、最高の体験なんだよ」(リアム)と語っています。

 なお、ジャパン・ツアーに先駆け、12月3日(水)には今年10月に劇場公開された最新ライヴの完全版Blu-rayDVD『“ホエア・ウィー・アー”ライブ・フロム・サンシーロ・スタジアム』が発売。こちらも注目です。
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり
[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム
[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ[インタビュー] 眉村ちあき 弾き語りトラックメイカーアイドル あらゆる面で成長した渾身の新作
[インタビュー] 湯浅湾 我々は“望まない” 10年ぶりの新作『脈』をバンマスが解説[インタビュー] SKY-HIからエルメート・パスコアールまで、多彩なゲストを迎えた全曲オリジナルの新作『イン・ザ・キー・オブ・ジョイ』を発表
[インタビュー] Soggy Cheerios(ソギー・チェリオス) 新たな局面を迎える手応え[インタビュー] 神保 彰 NYとLAで録音、“月”と“太陽”をイメージした2枚のアルバムを元旦にリリース
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015