ニュース

鬼束ちひろ、ニコ生で大暴走! 一時的な自主規制も

鬼束ちひろ   2011/11/16 16:00掲載
はてなブックマークに追加
鬼束ちひろ、ニコ生で大暴走! 一時的な自主規制も
 11月12日(土)「ニコニコ生放送」にて、鬼束ちひろの月一レギュラー番組『鬼束ちひろの「包丁の上でUTATANETS」』第3回が放送! これまで同様、鬼束自身が企画を持ち込み、自由奔放な言動で視聴者を爆笑の渦へ……。中でも「メディアはどこまで“エロ”を許すのか!? 徹底実験!」のコーナーでは、ニコ生の画面が自主規制により見えなくなるというハプニングも!

 番組はいつものように、MCの劔 樹人のゆるいトークで幕を開ける。放送は今回が3回目ということもあり、鬼束も手慣れた様子で視聴者をいじり笑いをとっていく。最初の企画は、鬼束の持ち込みである「飽きるまで生討論会」。これはあるテーマをもとに飽きるまで真面目に考えるという討論企画で、テーマは“エロ”!

 どんな人がエロいと思うかという質問を受けた鬼束は「叶 恭子」と即答。「恭子さんは女性に人気で美香さんは男性に人気がある」と持論を展開。さらに「鬼束自身にエロのイメージはあるか」と訊かれると、「知ったこっちゃねーよ!」と一蹴! 早くもいつもの鬼束節全開で番組を進行していく……。

 また、「メディアはどこまで“エロ”を許すのか!? 徹底実験!」と称して人形のスカートをまくり上げたり、広辞苑の中から「エロく聞こえる言葉」を探して発表したりと、相変わらずの自由奔放さを発揮。

 そんな鬼束がもっとも暴走したのは「どのような動きがエロとなるのか」を探る実験のコーナーで、ここで鬼束はまず「一般的なエロい動き」として女豹のポーズをとった後、友だちと一緒に考えたというオリジナルのエロい動きを披露。それまで静観していた運営サイドが急きょ自主規制の画面に切り替えるというハプニングが起こるなど、コメントの弾幕に花が咲く一幕も。


鬼束ちひろ

鬼束ちひろ

鬼束ちひろ


 続いては、やはり鬼束の持ち込み企画である「ババ抜きで遊ぼう」のコーナーへ。これは鬼束と劔が2人でババ抜きをすると言う非常にシンプルな企画ですが、そもそも2人のババ抜きは盛り上がりに欠ける……。そこで番組オリジナルの特別ルールが登場! “ババ(ジョーカー)を引くたびに老婦人を背負ってババ抜きを続けなければならない”という視聴者の予想をはるかに超えた驚愕のものに。

 このためだけに招待された老婦人の麻生さんがスタジオに姿を見せ、3人でのシュールなババ抜きが始まると、視聴者からは「なんだよこの絵w」「シュールすぎるw」と総ツッコミがコメントで寄せられていました。


鬼束ちひろ

鬼束ちひろ

鬼束ちひろ


 そして最後の企画は、本番組では恒例となった西部警察シリーズより、「西部警察メガネで即興演劇」。これは西部警察でおなじみの大きなサングラスをかけ、セーラー服と学ランでコスプレをした鬼束と劔が、テーマに沿った即興演劇を披露する企画。今回のシチュエーションは、劔が鬼束を呼び出して告白するというありふれた学園恋愛物。しかしそこは鬼束なので一筋縄ではいかず、結局は劔が鬼束の自由な言動に振り回されるといういつものグダグダな展開へ!


鬼束ちひろ

鬼束ちひろ

鬼束ちひろ

鬼束ちひろ


 次回の『鬼束ちひろ「包丁の上でUTATANETS」』生放送は12月下旬を予定。また、これまでの放送は全てタイムシフト視聴が可能になっています。詳しくは、鬼束ちひろチャンネル(ch.nicovideo.jp/channel/onitsuka-chihiro)をチェック!
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] Carpainter ジャパニーズ・テクノへの懐古と再構[インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作
[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス
[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌
[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽[特集] 1日だけのポイントカラーを楽しむ毛髪着色料「PAF 1-day hair tint」×ファッション・アイコン「lol」が盛り上げる「特別な1日」
[インタビュー] インドで生まれ、アメリカで学び、現在は日本で活躍する異色のシンガー・ソングライター、teaがメジャー・デビュー・アルバム『Unknown Places』を発表[インタビュー] ジョヴァンニ・アレヴィ ポップからクラシックまでジャンルを横断するイタリア出身のピアニストの“愛のアルバム”
[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作[インタビュー] 第2番の協奏曲には“青年ベートーヴェン”の力強さがみなぎっている――ピアニスト児玉麻里、〈東芝グランドコンサート2020〉に出演
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015