ニュース

新国立劇場で大野和士芸術監督就任第1作&2018 / 19(年)シーズン開幕公演となる『魔笛』上演

大野和士   2018/08/20 12:05掲載
はてなブックマークに追加
新国立劇場で大野和士芸術監督就任第1作&2018 / 19(年)シーズン開幕公演となる『魔笛』上演
 2018年10月3日(水)から14日(日)にかけて、東京・渋谷 新国立劇場で大野和士芸術監督就任第1作にして2018 / 19(年)シーズン開幕公演となるモーツァルトの『魔笛』(新制作)が上演されます。本公演に先立ち、大野が自らピアノを弾き、カヴァー歌手の歌唱を交えながら『魔笛』の魅力を紹介する特別イベント〈大野和士のオペラ玉手箱 with Singers Vol.1『魔笛』〉が9月10日(月)に、そして〈ウィリアム・ケントリッジ スペシャルトーク〉が9月30日(日)に開催されます。会場はいずれも新国立劇場です。

 本公演の演出を手がけるのは、現代アートの巨匠にして、オペラ演出でも世界を席巻しているウィリアム・ケントリッジ(William Kentridge)。素描とアニメーションを用いた美しく神秘的な舞台は、ベルギー・ブリュッセルのモネ劇場を皮切りに、ミラノ・スカラ座や〈エクサン・プロヴァンス音楽祭〉など、世界中で人気を博しています。

 ヨーロッパでの豊かな経験を持つ大野新芸術監督が力を入れるのが、旬の演出家の日本への紹介。とくに、ヴィジュアル・アートと結びついて音楽の流れや作曲家の意図を視覚化する演出は、現在の世界のオペラ演出の大きな潮流となっており、大野が日本にぜひ紹介したいと温めていたとのことです。

La Flûte enchantée (Die Zauberflöte) by W. A. Mozart ©Elisabeth Carecchio - Festival d'Aix-en-Provence 2009

平成30年度(第73回)文化庁芸術祭主催公演
新国立劇場 2018 / 2019 シーズン
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
『魔笛』(新製作)

全2幕
(ドイツ語上演 / 字幕付)
※10 月 13 日・14 日公演は日本語字幕に加え英語字幕を表示予定。
www.nntt.jac.go.jp/opera/die-zauberflote/index.html

2018年10月3日(水)18:30
2018年10月6日(土)14:00
2018年10月8日(月・祝)14:00
2018年10月10日(水)14:00
2018年10月13日(土)14:00
2018年10月14日(日)14:00
東京 渋谷 新国立劇場 オペラパレス

[チケット]
S: 27,000 円 / A: 21,600円 / B: 15,120円 / C: 8,640円 / D: 5,400円 / Z: 1,620円


大野和士のオペラ玉手箱 with Singers Vol.1『魔笛』
2018年9月10日(月)
19:00〜
東京 渋谷 新国立劇場オペラパレス

ウィリアム・ケントリッジ スペシャルトーク
2018年9月30日(日)
14:00〜
東京 渋谷 新国立劇場オペラパレス ホワイエ
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 「家族ができてすべてが変わった」結婚、子供、生活。激動の7年間を過ごしたT2Kが待望の新作を発表[インタビュー] ハミ出し者の生き様――DOGMA x LORD 8ERZ『DROPOUT SIDING』
[インタビュー] なんもないけどなんかある 踊Foot Works『GOKOH』[インタビュー] 心の拠り所となるものをみつけて、信じる気持ちが大切――聴き手の心を導く“光”となるキャサリン・ジェンキンスの最新作
[インタビュー] 地下アイドル卒業とメジャー・デビュー――『パノラマ街道まっしぐら』を巡る姫乃たまの現在[インタビュー] “グレート・アメリカン・ソングブック + スパイス・ガールズ” ローレン・デスバーグの普遍的魅力
[インタビュー] “豊かさ”を思い出させる音楽 児玉奈央『IN YOUR BOX』[インタビュー] ジャズ・ギタリスト小沼ようすけが追求する、生き方とマッチした音楽“Jam Ka”
[インタビュー] どんどん上がっていくイメージをキープしていたい――ラフィンノーズが“ニュー・アルバム”『NEGATIVE』を2作同時リリース[インタビュー] 最新の挑発――Ramza『sabo』
[インタビュー] “知らない土地でノーバディになれた” 解き放たれたインプロヴィゼーション――ハクエイ・キム『カンヴァセーションズ・イン・パリ』[インタビュー] フレッシュな気持ちとユーモアをもって音楽に接する 高田 漣『FRESH』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015