ニュース

元オービタルのポール・ハートノル、1stソロ作発表!キュアーのR.スミスら参加

オービタル(Orbital)   2007/04/03掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
元オービタルのポール・ハートノル、1stソロ作発表!キュアーのR.スミスら参加
 英国を代表するテクノ・ユニットとして活躍したオービタルことハートノル兄弟の弟、ポール・ハートノル(Paul Hartnoll)がソロ・アーティストとして再始動! 2004年の解散後、兄のフィルがユニット、ロング・レンジとして再デビューしたのに対し、弟はソロ・アーティストとして再デビューを果たします。

 デビュー・アルバム『Ideal Condition』(写真)には全9曲を収録。なんと言っても話題なのは、ザ・キュアーのフロントマン、ロバート・スミスがフィーチャーされた「Please」で、同曲は先行シングルとしても発売される予定(英国:5月7日発売)。アルバムにはその他、米シンガー・ソングライターのジョセフ・アーサーを招いた「Aggro」や“オールド・スクール・エレクト”と解説されている「Patchwork Guilt」など、ヴォーカル曲からオービタルを彷彿させるインスト曲まで、多彩な内容となる予定です。すでに彼のMySpaceページでは、話題の「Please」などの新曲試聴も開始されていますので、その出来が気になる方は訪れてみては? 発売は英国にて5月28日を予定しています。


『Ideal Condition』
01. Haven't We Met Before
02. For Silence
03. Simple Sounds
04. Please
05. The Unsteady Waltz
06. Nothing Else Matters
07. Patchwork Guilt
08. Aggro
09. Dust Motes
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
[インタビュー] もうひとつのシティ・ポップ――Dos Monos『Dos City』[インタビュー] 音楽は、生き方そのもの BUPPON『enDroll』
[インタビュー] トリオ・レコードが遺したミュージカル作品 発売当時のディレクター徳光英和が『上海バンスキング』などについて語る[インタビュー] 想像を形にする“宇宙”を舞台とした、Shing02とSauce81の共作アルバム『S8102』
[インタビュー] 音ゲーは“音楽の楽しさを伝えるツール” モリモリあつし『タイムカプセル』[インタビュー] ブルッフの協奏曲は、人生のステージの中でいつも傍にあった曲──アラベラ・美歩・シュタインバッハー、〈東芝グランドコンサート2019〉に出演
[インタビュー] 新しいセッションだから“シーズン2” Mari & Bux Bunny シーズン2始動[インタビュー] いまだからこそ作れたコレクション 鈴木惣一朗が細野晴臣プロデュース・レーベル「ノンスタンダード」について語る
[インタビュー] 仏教と音楽が私の楽しみであり、人生のともしび――三浦明利『いのちのともしび』[インタビュー] THREE1989が挑んだ“愛のアルバム”『Kiss』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015