ニュース

ペーター・ブロッツマン、 ポール・ニルセン・ラヴ、近藤等則が専修大学で無料ライヴを開催

ペーター・ブロッツマン   2017/03/31 14:00掲載
はてなブックマークに追加
ペーター・ブロッツマン、 ポール・ニルセン・ラヴ、近藤等則が専修大学で無料ライヴを開催
 フリー・ジャズの世界的なプレイヤー、ペーター・ブロッツマン(ts)、ポール・ニルセン・ラヴ(dr)、近藤等則(tp)の3名が、4月23日(日)に専修大学生田キャンパスにて行なわれる文学部哲学科の公開講座〈パフォーミング・アーツと哲学〉に登場し、即興演奏の無料コンサートを行います。

 公開講座〈パフォーミング・アーツと哲学〉の第3回となる今回のテーマは“音の哲学に向けて”。“見る”という知覚からとらえられてきた哲学を、“音を聴く”行為で捉え直すという試み。ヨーロッパの大学や美術館では、アートと音楽、ダンスとアートなど、現代アートの異なった分野の融合を進める活動が活発に行なわれており、フリー・インプロヴィゼーションもその一翼を担っています。この講座では異なるジャンルのアートや表現を積極的に採り入れ、学生や一般の方が様々なパフォーマンスに触れる機会を作っています。

 この公開講座は入場無料。申込制で先着200名の観覧・参加可能となっています。4月1日(土)より近藤等則オフィシャル・サイトにて受付開始。

専修大学文学部哲学科公開講座
「哲学とパフォーミングアーツ」第3回
テーマ: 音の哲学に向けて


2017年4月23日(日)
開場 14:30 / 開演 15:00
専修大学生田キャンパス新2号館アクティブ・スタジオ
〒214-0033 神奈川県川崎市多摩区東三田2-1-1
バスで小田急線向ヶ丘遊園駅より10分 / 東急田園都市線あざみ野駅より35分

入場料無料(要事前予約)
定員200名

[出演]
ペーター・ブロッツマン(ts, cl) / ポール・ニルセン・ラブ(ds) / 近藤等則(e-tp)
トーク・司会: 文学部哲学科教授 伊吹克己 / 金子洋之


[参加申込]
予約受付: 2017年4月1日(土)10:00〜
toshinorikondo.com
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分
[インタビュー] 寺井尚子、“ジャズ・ヴァイオリンの女王”による多彩なナンバーで、新たな世界が花開く[インタビュー] 宮本笑里、初の自作オリジナル楽曲中心のミニ・アルバム『Life』を発表
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015