ニュース

ペーター・ブロッツマン、 ポール・ニルセン・ラヴ、近藤等則が専修大学で無料ライヴを開催

ペーター・ブロッツマン(Peter Brötzmann)   2017/03/31 14:00掲載
はてなブックマークに追加
ペーター・ブロッツマン、 ポール・ニルセン・ラヴ、近藤等則が専修大学で無料ライヴを開催
 フリー・ジャズの世界的なプレイヤー、ペーター・ブロッツマン(ts)、ポール・ニルセン・ラヴ(dr)、近藤等則(tp)の3名が、4月23日(日)に専修大学生田キャンパスにて行なわれる文学部哲学科の公開講座〈パフォーミング・アーツと哲学〉に登場し、即興演奏の無料コンサートを行います。

 公開講座〈パフォーミング・アーツと哲学〉の第3回となる今回のテーマは“音の哲学に向けて”。“見る”という知覚からとらえられてきた哲学を、“音を聴く”行為で捉え直すという試み。ヨーロッパの大学や美術館では、アートと音楽、ダンスとアートなど、現代アートの異なった分野の融合を進める活動が活発に行なわれており、フリー・インプロヴィゼーションもその一翼を担っています。この講座では異なるジャンルのアートや表現を積極的に採り入れ、学生や一般の方が様々なパフォーマンスに触れる機会を作っています。

 この公開講座は入場無料。申込制で先着200名の観覧・参加可能となっています。4月1日(土)より近藤等則オフィシャル・サイトにて受付開始。

専修大学文学部哲学科公開講座
「哲学とパフォーミングアーツ」第3回
テーマ: 音の哲学に向けて


2017年4月23日(日)
開場 14:30 / 開演 15:00
専修大学生田キャンパス新2号館アクティブ・スタジオ
〒214-0033 神奈川県川崎市多摩区東三田2-1-1
バスで小田急線向ヶ丘遊園駅より10分 / 東急田園都市線あざみ野駅より35分

入場料無料(要事前予約)
定員200名

[出演]
ペーター・ブロッツマン(ts, cl) / ポール・ニルセン・ラブ(ds) / 近藤等則(e-tp)
トーク・司会: 文学部哲学科教授 伊吹克己 / 金子洋之


[参加申込]
予約受付: 2017年4月1日(土)10:00〜
toshinorikondo.com
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス
[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌
[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽[特集] 1日だけのポイントカラーを楽しむ毛髪着色料「PAF 1-day hair tint」×ファッション・アイコン「lol」が盛り上げる「特別な1日」
[インタビュー] インドで生まれ、アメリカで学び、現在は日本で活躍する異色のシンガー・ソングライター、teaがメジャー・デビュー・アルバム『Unknown Places』を発表[インタビュー] ジョヴァンニ・アレヴィ ポップからクラシックまでジャンルを横断するイタリア出身のピアニストの“愛のアルバム”
[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作[インタビュー] 第2番の協奏曲には“青年ベートーヴェン”の力強さがみなぎっている――ピアニスト児玉麻里、〈東芝グランドコンサート2020〉に出演
[インタビュー] ZOC “共犯者”大森靖子が仕掛ける超個性派アイドル・グループ[インタビュー] スイーツ大好きアイドル♥ 甘党男子が甘〜く登場
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015