ニュース

噂の女の子二人組、PoPoyansが鈴木惣一朗プロデュースによる1stアルバム『祝日』を発表

PoPoyans   2008/06/03 15:20掲載
はてなブックマークに追加
 音楽活動をしていたcheruと映像制作をしていたnonchanが美大で出会い、nonchan制作の自主制作映画の音楽を作るため2005年に結成されたPoPoyans細野晴臣が音楽監督を務めた映画『グーグーだって猫である』のサウンドトラックにコーラスで参加するなど、耳の早い音楽好きの間で注目を集める彼女たちが、鈴木惣一朗プロデュースによる1stアルバム『祝日』(XQEH-1501 税込2,000円)を7月9日にリリースします。

 まるで森の中から抜け出してきた妖精のような、透明感溢れる無垢な歌声を聴かせてくれる彼女たち。その楽曲世界は、一見、のんびりしているようでいて、その実、聴き手を鬱蒼とした森の向こうへいざなうような、不思議な魅力もさりげなく放っています。楽曲から漂う穏やかなサイケデリアは浜田真理子湯川潮音あたりを彷彿とさせるものもあります。心地良いのに妙に引っ掛かるPoPoyansのサウンドをこの機にぜひとも味わってみてはいかがでしょう。
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 大河ドラマ『青天を衝け』オリジナル・サウンドトラック、音楽を担当した佐藤直紀が、厳選されたアナログLP収録曲の背景を語る[インタビュー] さらに成長をとげた2nd EPをリリース、鞘師里保
[インタビュー] 和田彩花、全作詞とアートワークを手掛けたアルバム完成[特集] 『マッカートニー 3,2,1』ポール・マッカートニーがこれまでの音楽活動をリック・ルービンと語るドキュメンタリー
[インタビュー] デビュー20周年のジャズ・ヴォーカリスト、待望の新曲をリリース Shiho[インタビュー] BeatleDNA、ビートルズへの思いがあふれる人気シリーズが完結 制作担当者が語る実現までの笑いと涙
[インタビュー] 西から上がるロックンロール新時代の狼煙、THE PERRY[インタビュー] 山中千尋、レコード・デビュー20周年を記念して、新録を含むバラード・ベスト・アルバムを発表
[インタビュー] 佐藤浩市、キャリア初のヴォーカル・アルバムは豪華ゲストを迎えた無観客ライヴ[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る
[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た!
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015