ニュース

『THE BATMAN−ザ・バットマン−』日本版予告編公開 ブルース役はロバート・パティンソン

ロバート・パティンソン   2021/12/13 12:57掲載
はてなブックマークに追加
『THE BATMAN−ザ・バットマン−』日本版予告編公開 ブルース役はロバート・パティンソン
 ホアキン・フェニックスの鬼気迫る演技で話題を呼んだ2019年公開映画『ジョーカー』に続き、DCユニバースに属さない最新作『THE BATMAN−ザ・バットマン−』の日本公開日が2022年3月11日(金)に決定。公開に先駆け、日本版予告編が公開されています。

 クリストファー・ノーラン監督作『ダークナイト』トリロジー以来のバットマンの“単独”映画となる本作はサスペンスの要素が色濃く、『ダークナイト』シリーズや『ジョーカー』を彷彿とさせるような世界観に包まれており、知能犯リドラーが社会に蔓延した“嘘”を暴いていく物語。リドラーの最後の標的は、両親殺害の復讐を誓った若き日の探偵・ブルース・ウェイン。彼の“嘘”も暴かれ、人間の本性がむき出しになっていく様が描かれるも、まだバットマンになろうとする姿がミステリアスかつエモーショナルに展開されます。これまで正義の象徴だった“バットマン”とは違う、狂気がかった衝撃的な姿を捉えた、謎解きサスペンス・アクションに期待が高まります。

 注目のブルース役には、『ハリー・ポッター』『トワイライト』シリーズで一躍人気俳優の仲間入りし、『TENET テネット』で主人公のバディ“ニール”を好演したことも記憶に新しいロバート・パティンソン。監督・脚本を務めるマット・リーヴス監督(『猿の惑星:新世紀』『猿の惑星:聖戦記』)は、ロバート演じる新しいバットマンについて「自分の人格をコントロールできない、バットマンとブルースの境界が曖昧でずっと悩み続けている人物」ととしたうえで「無謀なロックスターのようなブルース・ウェインを考えていて、イメージ通りの新しいブルースを体現してくれたよ」とロバートのオーラや演技力を高く評価しています。未熟で、善悪に揺らぎ苦悶する人間味のあるバットマンをロバート・パティンソンがどう演じるのか――。ブルースを演じるロバートは「今までの映画とは全く違うものがあると感じた」と語っており、史上最も感情に訴えかける作品になることがうかがえます。

 あわせて、本作のムビチケカードが12月17日(金)より発売決定。2種類のヴィジュアルには、独り佇むブルース=バットマンの姿のほかに、ついに最狂の知能犯・リドラーが登場。バットマンに宛てたメッセージを手にするリドラーですが、果たしてどのような“なぞなぞ”を仕掛けてくるのか――。開される物語に期待が沸くデザインとなっています。

拡大表示


拡大表示


拡大表示



© 2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC

『THE BATMAN−ザ・バットマン−』
2022年3月11日(金)より全国公開(全米: 2022年3月4日)
wwws.warnerbros.co.jp/thebatman-movie
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 5年間の集大成、これが進化を遂げたTANAKA ALICEスタイル[インタビュー] 俳優としても知られる松下優也 アーティスト・プロジェクト“YOUYA”連続リリース
[インタビュー] パーティ・パンク・バンド“PET”約18年ぶりの新作フル・アルバム[インタビュー] 鞘師里保、ダンス・ミュージックをさらに深く追求した 3rd EP
[特集] ザ・ビートルズ、中期の傑作アルバム『リボルバー』がスペシャル・エディションで登場![インタビュー] ケイコ・リー、豪華コラボレーションも収録する4枚目のベスト・アルバム『Voices IV』
[インタビュー] 上西千波、ジャズと短編小説でリスナーに寄り添う新作アルバム『恋愛小説II』を発表[インタビュー] 日向坂46・佐々木美玲がお悩み相談コメディドラマに挑戦
[特集] 藤田真央、世界が注目するピアニストが『モーツァルト:ピアノ・ソナタ全集』でワールドワイド・デビュー![インタビュー] 望月琉叶、グラビアができる演歌歌手が念願のボカロPとのコラボレーションをスタート
[インタビュー] マーク・ジュリアナ、エレクトロニクスの要素を取り込み新たな方向性を示す新生ジャズ・カルテットの新作[インタビュー] 花*花、パルシステムとのコラボレーションで大ヒット曲「あ〜よかった」を再録音
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015