ニュース

スクエアプッシャーがロボットバンド、Zマシーンズとのコラボ作品を発表

スクエアプッシャー   2014/02/26 16:05掲載
はてなブックマークに追加
スクエアプッシャーがロボットバンド、Zマシーンズとのコラボ作品を発表
 スクエアプッシャー(Squarepusher)が、3体のロボットで構成されたバンド、Zマシーンズとのコラボレーション・アルバム『ミュージック・フォー・ロボット』(BRE-49 1,500円 + 税)を4月5日(土)に発表します。

 Zマシーンズは、2013年の夏、人間の身体能力の限界を超えた高度な音楽パフォーマンスの実現を目指し、3体のロボットで構成されたバンド。本プロジェクトの音楽プロデューサーを務める松尾謙二郎氏から、プロジェクトへの参加を要請されたスクエアプッシャーこと鬼才トム・ジェンキンソンは、78本の指でギターを弾くギタリストと22個のドラムを叩くドラマーに生演奏させて作る音楽という未開の可能性に強く惹かれ、参加を快諾。“エモーショナルなマシーンミュージック”という未知の領域を切り開く楽曲として、Z-MACHINESが演奏する「Sad Robot Goes Funny」を書き下ろしました。2013年7月にはFREEDOMMUNE 0<ZERO> ONE THOUSAND 2013でその衝撃的なパフォーマンスが披露され、アジア最大の広告祭〈Spikes Asia〉でDIRECT部門金賞を受賞。Z-MACHINESは第17 回文化庁メディア芸術祭で審査委員会推薦作品にも選出されています。

 しかし、スクエアプッシャーと日本の開発チームは、さらなる可能性を追求し続け、今度はスクエアプッシャーからの働きかけで、コラボレーションの継続が決定。その後1ヵ月の間に新たに4曲が書き下ろされ、データのやり取りやレコーディングなどを経て、『ミュージック・フォー・ロボット』が完成しました。

最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分
[インタビュー] 寺井尚子、“ジャズ・ヴァイオリンの女王”による多彩なナンバーで、新たな世界が花開く[インタビュー] 宮本笑里、初の自作オリジナル楽曲中心のミニ・アルバム『Life』を発表
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015