ニュース

Superfly、『Box Emotions』発売記念フリー・ライヴ!

Superfly   2009/09/03 15:53掲載
はてなブックマークに追加
Superfly、『Box Emotions』発売記念フリー・ライヴ!
 2ndアルバム『Box Emotions』をリリースしたSuperfly。アルバム発売日となる9月2日、六本木ヒルズアリーナでフリー・ライヴを開催しました! 前日に急遽ライヴ開催が発表されたにもかかわらず、当日は運良く整理券を手に入れたファンに加え、会場に入りきれなかったファンが開始1時間以上も前から行列に!

 バックスクリーンにカウントダウンが表示され、観客が手拍子する中、オープニングを飾ったのは、アルバム1曲目に収録されている「Alright!!」。ハデハデなライトをバックにSuperflyが登場し、会場は一気にヒートアップ! 勢いそのままに2曲目には「How Do I Survive?」。「こんなにたくさんの人が集まってくれて嬉しいです!アルバム『BOX Emotions』オリコンデイリーチャート1位でした! バンザイ!! 今日は最後まで楽しいライヴにしたいです!」というMCに続き、「やさしい気持ちで」へ。

 この日はスペシャル・ゲストとして、プロデューサーの蔦谷好位置も登場。「愛を込めて花束を」のイントロが流れると大きな歓声があがり、志帆ののびやかな歌声が会場を包む。「恋する瞳は美しい」では、会場は一気にダンス・フロアに様変わり。志帆は「今回のアルバムは私の喜怒哀楽の感情を詰め込んだアルバムで、今後の自分にも残る大好きな作品ができました。ぜひじっくり時間をかけて聴いてください!」と語りました。

 さらに、12月14日に初の武道館公演が決定したことに触れると、会場から「おめでとう!!」の歓声も! 最後に披露されたのは、歌うたびに好きになる曲だという「My Best Of My Life」。この日は4,000人を前に6曲を披露し、記念すべき『Box Emotions』リリースを盛り上げました。ますます勢いの増すSuperfly、今後も目が離せません!
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 楽しいことが一個でもあったら生きていける フィメール・ラッパーのpinokoがChilly Sourceからデビュー[インタビュー] 音楽で“アガっていける”瞬間を求めて ERA『Culture Influences』
[インタビュー] 明るい未来が待っている――新生・風男塾の“熱い”魅力とは[インタビュー] いい加減みんな気づいてるんじゃないの?――“違和感”と対峙する、GEZAN『Silence Will Speak』
[インタビュー] デビュー10周年を迎えた藤澤ノリマサ 歌とピアノだけで挑んだ『ポップオペラ名曲アルバム』[インタビュー] 史上初のクラシカルDJ / 指揮者、Aoi Mizunoが開く“ミレニアル世代のためのクラシックの入り口”
[インタビュー] ポップ・マエストロ、松尾清憲 新章の幕開けを飾る『All the World is Made of Stories』[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』
[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』
[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015