ニュース

ザ・ナックのフロントマン、ダグ・ファイガーが死去

ザ・ナック(The Knack)   2010/02/15 21:05掲載
はてなブックマークに追加
 世界的にヒットした「マイ・シャローナ」で知られる米バンドのザ・ナック(The Knack)にてフロントマンとして活躍したダグ・ファイガー(Doug Fieger)が2月14日、米カリフォルニア州にある自宅にて死去しました。57歳でした。

 ダグ・ファイガーは、1978年にザ・ナックを結成。バンドではリード・ヴォーカルとリズム・ギターを担当。1979年に発表したシングル「マイ・シャローナ」が全米チャート6週連続1位を記録するヒットとなり、同曲を含んだデビュー・アルバム『ゲット・ザ・ナック』(写真)が600万枚を超えるセールスを記録。その音楽性は“ビートルズの再来”と謳われるなど高く評価されるものの、バンドは1982年に一旦解散。その後は断続的な再結成を行なっていました。

 ダグ・ファイガーはここ数年、肺癌および脳腫瘍の治療を続けながら、音楽活動を続けていたようです。心よりご冥福をお祈りします。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “バトル・ブーム以降”を踏まえて、大きな場所でやることの意味 輪入道『暴動祭』[インタビュー] 生まれ変わる必要なく、いつでも少年の心に戻れる――KOJOE『2nd Childhood』
[インタビュー] 一言で言うと、青春――DÉ DÉ MOUSEが“アガる”もの『be yourself』[インタビュー] マンチェスターから世界へ羽ばたいた“2010年代UKジャズの先駆者” ゴーゴー・ペンギンのサウンド方法論
[インタビュー] chelmicoのマイペースな“無敵感”が詰まったメジャー・デビュー・アルバム『POWER』[インタビュー] “いつ聴いてもハッピーになれる曲”を目指して 京都在住シンガー・ソングライター、竹内アンナのデビュー作『at ONE』
[インタビュー] 熟成とフレッシュネス BTB改め“BTB特効”初のオリジナル・アルバム『SWEET MACHINE』[インタビュー] 南 佳孝が語る、ショーボート・レーベル第1弾作品『摩天楼のヒロイン』
[インタビュー] 素晴らしい演奏家のみなさんと出会い、サントラを作れたのは本当に幸せ――作曲家、富貴晴美が語る『西郷どん』の音楽[インタビュー] 絶望を掻き消す――“今やりたいこと”を追求してきたLM.Cが導き出す未来とは
[インタビュー] 楽器と理解し合って音楽を作っていく――東儀秀樹、“篳篥で歌う”映画音楽集をリリース[インタビュー] 自分なりの“B面的世界” 大西ユカリによるソウル・カヴァー作『BLACK BOX』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015