ニュース

ノラ・ジョーンズがピアノとヴォーカルを担当するリトル・ウィリーズの2作目が完成

リトル・ウィリーズ   2011/12/09 15:38掲載
はてなブックマークに追加
ノラ・ジョーンズがピアノとヴォーカルを担当するリトル・ウィリーズの2作目が完成
 2003年に結成し、ニューヨーク、ロウワーイーストサイドのライヴ・スペース、リヴィング・ルームにたびたび集ってはカントリー・ナンバーのセッションを楽しんでいた5人、リトル・ウィリーズ(The Little Willies)がファースト・アルバム『リトル・ウィリーズ』を発表したのは2006年。肩の力が抜けた楽しく親密な音楽は多くの音楽ファンから歓迎されました。その後しばらくバンドとしての活動を休んでいた彼らですが、1月11日に待望のセカンド・アルバム『フォー・ザ・グッド・タイムス』(TOCP-71220 税込み2,300円)を発表します。

 ノラ・ジョーンズをはじめ、リー・アレキサンダー(ベース)、ジム・カンピロンゴ(ギター)、リチャード・ジュリアン(ギター、ヴォーカル)、ダン・リーサー(ドラム)という気心の知れたミュージシャン仲間による温かみのあるサウンドは相変わらず。今作ではロレッタ・リンウィリー・ネルソンジョニー・キャッシュクリス・クリストファーソン、レフティ・フリーゼル、ドリー・パートンらのカントリー・ソングをカヴァーしています。


※1月11日発売
リトル・ウィリーズ
『フォー・ザ・グッド・タイムス』
(TOCP-71220 税込み2,300円)

[収録曲]
01. アイ・ワーシップ・ユー
02. リメンバー・ミー
03. ディーゼル・スモーク、デンジャラス・カーヴズ
04. ラヴシック・ブルース
05. トミー・ロックウッド
06. フィスト・シティ
07. パーマネントリー・ロンリー
08. ファウル・アウル・オン・ザ・プラウル(いまわしいフクロウ)
09. ワイド・オープン・ロード
10. フォー・ザ・グッド・タイムス
11. お金があればね
12. ジョリーン
13. ディリアズ・ゴーン(ボーナス・トラック)

[演奏]
リー・アレキサンダー(b)
ジム・カンピロンゴ(g)
ノラ・ジョーンズ(p、vo)
リチャード・ジュリアン(g、vo)
ダン・リーサー(ds)
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム
[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作
[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分[インタビュー] 寺井尚子、“ジャズ・ヴァイオリンの女王”による多彩なナンバーで、新たな世界が花開く
[インタビュー] 宮本笑里、初の自作オリジナル楽曲中心のミニ・アルバム『Life』を発表[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章
[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム
[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015