ニュース

ティンテッド・ウィンドウズ、待望の初来日公演が大盛況の中終了!

ティンテッド・ウィンドウズ   2010/01/19 14:46掲載
はてなブックマークに追加
ティンテッド・ウィンドウズ、待望の初来日公演が大盛況の中終了!
 豪華メンバーが揃った“大型新人”、ティンテッド・ウィンドウズ(Tinted Windows)。待望の初来日公演がついに開催、1月13日(水)の大阪公演に引き続き、15日(金)には東京・渋谷Duo MUSIC EXCHANGEで行なわれ、満員のファンを前に力強いパフォーマンスを披露しました。

 ティンテッド・ウィンドウズは、大ヒット・グループであるハンソンの人気メンバー、テイラー・ハンソンと、スマッシング・パンプキンズア・パーフェクト・サークルを経てソロで活躍中のギタリスト、ジェイムス・イハファウンテインズ・オブ・ウェインのベーシスト、アダム・シュレシンジャー、そしてUSハード・ポップの元祖チープ・トリックのバン・E・カルロスからなる超スーパー・バンド!

 会場には幅広い世代の男女が駆けつけ、ステージ上には以前ファウンテンズ・オブ・ウェインが共演したフェスで親しくなったASIAN KUNG-FU GENERATIONから贈られた花が、大阪同様に飾られていました。

 定刻を少し過ぎ、上下白の服に赤いネクタイを決めたテイラーが、カメラを片手に観客の写真を撮りながら登場。オープニングを飾ったのは、昨年5月に発売された1stアルバム『ティンテッド・ウィンドウズ』から「テイク・ミー・バッグ」。続いてヒット・シングル「メッシング・ウィズ・マイ・ヘッド」の演奏がはじまると、まだライヴ序盤であるのにもかかわらず、会場は一気にヒート・アップ!

 その後もアルバム『ティンテッド・ウィンドウズ』からの1stシングル「カインド・オブ・ア・ガール」や、THE NACK「Let Me Out」とBUZZCOCKS「I Don't Mind」のカヴァーなども披露し、アンコールが終了するまで、熱いテンションをキープして観客を楽しませた彼ら。ベテラン勢ならではの余裕あるパフォーマンスと、メンバー自身が楽しんで生み出した新鮮なケミストリーが会場全員に伝わり、ポップかつロックな魅力が最大限に発揮されたライヴとなりました!

(Photo by Ryota Mori)
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 50/50[インタビュー] 杏沙子
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015