ニュース

ティンテッド・ウィンドウズ、待望の初来日公演が大盛況の中終了!

ティンテッド・ウィンドウズ(TINTED WINDOWS)   2010/01/19 14:46掲載
はてなブックマークに追加
ティンテッド・ウィンドウズ、待望の初来日公演が大盛況の中終了!
 豪華メンバーが揃った“大型新人”、ティンテッド・ウィンドウズ(Tinted Windows)。待望の初来日公演がついに開催、1月13日(水)の大阪公演に引き続き、15日(金)には東京・渋谷Duo MUSIC EXCHANGEで行なわれ、満員のファンを前に力強いパフォーマンスを披露しました。

 ティンテッド・ウィンドウズは、大ヒット・グループであるハンソンの人気メンバー、テイラー・ハンソンと、スマッシング・パンプキンズア・パーフェクト・サークルを経てソロで活躍中のギタリスト、ジェイムス・イハファウンテインズ・オブ・ウェインのベーシスト、アダム・シュレシンジャー、そしてUSハード・ポップの元祖チープ・トリックのバン・E・カルロスからなる超スーパー・バンド!

 会場には幅広い世代の男女が駆けつけ、ステージ上には以前ファウンテンズ・オブ・ウェインが共演したフェスで親しくなったASIAN KUNG-FU GENERATIONから贈られた花が、大阪同様に飾られていました。

 定刻を少し過ぎ、上下白の服に赤いネクタイを決めたテイラーが、カメラを片手に観客の写真を撮りながら登場。オープニングを飾ったのは、昨年5月に発売された1stアルバム『ティンテッド・ウィンドウズ』から「テイク・ミー・バッグ」。続いてヒット・シングル「メッシング・ウィズ・マイ・ヘッド」の演奏がはじまると、まだライヴ序盤であるのにもかかわらず、会場は一気にヒート・アップ!

 その後もアルバム『ティンテッド・ウィンドウズ』からの1stシングル「カインド・オブ・ア・ガール」や、THE NACK「Let Me Out」とBUZZCOCKS「I Don't Mind」のカヴァーなども披露し、アンコールが終了するまで、熱いテンションをキープして観客を楽しませた彼ら。ベテラン勢ならではの余裕あるパフォーマンスと、メンバー自身が楽しんで生み出した新鮮なケミストリーが会場全員に伝わり、ポップかつロックな魅力が最大限に発揮されたライヴとなりました!

(Photo by Ryota Mori)
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 形に残すことの大事さ 輪入道×N0uTY[インタビュー] シンガー・ソングライターとしての側面にスポットをあてたTOKU『ORIGINAL SONGBOOK』
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場
[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015